アレクサンドラ・フォン・ハノーファー (1999-)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アレクサンドラ・フォン・ハノーファーAlexandra von Hannover, 1999年7月20日 - )は、ハノーファー王国の王族の子孫。ハノーファー王女、グレートブリテンおよびアイルランド王女、ブラウンシュヴァイク=リューネブルク公女。

全名はドイツ語ではアレクサンドラ・シャルロッテ・ウルリーケ・マルヤム・ヴィルギニアAlexandra Charlotte Ulrike Maryam Virginia)。

ハノーファー家家長エルンスト・アウグスト(5世)モナコ公女カロリーヌの間の一人娘で、2015年現在モナコ公位継承権第8位。

エルンスト・アウグスト(5世)とカロリーヌが結婚して半年後の1999年7月20日オーストリアオーバーエスターライヒ州フェクラブルックで生まれた。再婚のエルンスト・アウグスト(5世)にとっては第3子(長女)、三婚のカロリーヌにとっては第4子(次女)にあたる。

同年9月19日ルター派プロテスタント洗礼を受けた。代父母は叔母のライニンゲン侯妃アレクサンドラ、異父姉のシャルロット・カシラギ、Ulrike Umschneider、Maryam Sachs、Virginia Gallico、George Condo、Eric Maierらであった。

カロリーヌとの再婚にあたってカトリック改宗した父と異なり、プロテスタントのアレクサンドラはイギリスの王位継承権を持っており、イギリス王位継承順位は第407位である。

上位:
シャルロット・カシラギ
モナコ公位継承権者
継承順位第 8
下位:
ステファニー公女
上位:
クリスティアン・フォン・ハノーファー
旧ハノーファー王家
イギリス王位継承順位
継承順位第 407
他の英連邦王国の王位継承権も同様
下位:
オットー・ハインリヒ・フォン・ハノーファー
旧ハノーファー王家