レーニエ3世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
レーニエ3世
Rainier III
モナコ大公
Prince Rainier III.jpg
在位 1949年5月9日 - 2005年4月6日
全名 レーニエ・ルイ・アンリ・マクサンス・ベルトラン・グリマルディ
出生 1923年5月31日
フランスの旗 フランスアルジェリア
死去 (2005-04-06) 2005年4月6日(81歳没)
モナコの旗 モナコ
埋葬 2005年4月15日
モナコの旗 モナコサン・ニコラ大聖堂
配偶者 グレース・ケリー
子女 カロリーヌ
アルベール2世
ステファニー
王家 グリマルディ家
王室歌 モナコ国歌
父親 ピエール・ド・ポリニャック
母親 シャルロット・ド・モナコ
テンプレートを表示

レーニエ3世Rainier III de Monaco, Rainier Louis Henri Maxence Bertrand Grimaldi, 1923年5月31日 - 2005年4月6日)は、モナコ公国大公(在位1949年5月9日 - 2005年4月6日)。

生涯[編集]

生い立ち[編集]

レーニエ3世はグリマルディ家のポリニャック伯爵ピエールとシャルロットの間に、フランス植民地であったアルジェリアで生まれた。なお、アントワネット公女という姉がいる。

フランスとスペインドイツイングランドスコットランドオランダイタリアの血を引いており、祖先にはスコットランドジェームズ4世ナポレオン・ボナパルトの養女であったステファニー・ド・ボアルネ、18世紀のイギリス人作家ウィリアム・トマス・ベックフォードオラニエ公ウィレム1世イングランドチャールズ2世の愛妾でイタリア人であったオルタンス・マンチーニマリー・アントワネットの寵臣ポリニャック伯爵夫人デンマークフレゼリク2世などがいる。

青年期[編集]

イギリスパブリックスクールを卒業後、スイスル・ロゼに進学した。その後はモンペリエ大学パリ政治学院に学ぶ。第二次世界大戦フランス軍に従軍。大佐まで進む。

大公即位[編集]

レーニエ3世と家族(1966年)

祖父ルイ2世の死去により1949年にモナコ大公に即位する。なお、1940年代から1950年代にかけて、女優のジゼル・パスカルと交際していた。

その後、カンヌ映画祭で知り合ったアメリカ人の女優であるグレース・ケリーと恋に落ち、1956年1月5日に婚約を発表。同年4月18日に、モナコ大公宮殿にて法的な結婚式が行われた。翌4月19日に、モナコ大聖堂(サン・ニコラ大聖堂)にてカトリック式の挙式が行われた。これらの模様は、ヨーロッパ諸国で生中継されたほか、世界各国で報じられ大きな注目を集めた。なお挙式は、カトリックの伝統に沿い、グレースの出身地であるアメリカで行われることも検討されたが、最終的にはモナコで行われることになった。

1957年カロリーヌ公女1958年に後継者であるアルベール公子1965年ステファニー公女らが生まれた。

モナコ大公として積極的に行動し、憲法改革や、国営企業の「モンテカルロ・ソシエテ・デ・バン・ド・メール」を通じて、モナコ公国の経済基盤をモータースポーツなどギャンブル事業以外にも発展させるなどの功績があった。

しかし1982年9月14日に、大公妃グレースが南仏のロックアジェルの別荘から自ら自動車を運転してモナコに戻る途中に脳梗塞を発症。そのまま急カーブの坂道でガードレールに激突し、道路横の崖を40メートルほど転落して自動車は大破した。自動車事故で逝去。大公は悲しみにくれたが、その後も大公としての勤めを継続した。

晩年[編集]

2004年の初め、冠状動脈疾患により入院。10月26日には、肺感染症のため再び入院した。2005年3月21日に集中治療室に移された。3月23日に、心不全腎不全人工呼吸の状態になった(これに伴い3月31日、大公世子レ・ボー侯であるアルベールが摂政として職務を代行)。4月6日肺感染症などにより死去。

家族[編集]

父はポリニャック伯ピエール、母はモナコ大公ルイ2世の娘シャルロット(ヴァランティノワ女公)。妻は元ハリウッド女優のグレース・ケリーである。

子女[編集]

趣味[編集]

カーマニアとして知られ、自動車博物館を公開している。伝統のモナコグランプリではレース前に大公妃を乗せたオープンカーを運転してパレード走行を行っていた。

関連項目[編集]

レーニエ3世を扱った作品[編集]

外部リンク[編集]

先代:
ルイ2世
モナコ大公
1949年 - 2005年
次代:
アルベール2世