アルテミッシュNIGHT

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アルテミッシュNIGHT
ジャンル バラエティ番組
演出 川幡浩
出演者 松田純
石黒賢
アンバランス
ほか
ナレーター 垂木勉
製作
製作総指揮 斧賢一郎
プロデューサー 川幡浩
大原潤三
制作 テレビ東京
放送
音声形式 モノラル放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 1998年4月4日 - 2000年3月25日
放送時間 土曜 25:30 - 26:24
放送分 54分
回数 102

アルテミッシュNIGHT』(アルテミッシュナイト)は、一部テレビ東京系列局で放送されていたテレビ東京製作のバラエティ番組である。全102回。製作局のテレビ東京では1998年4月4日から2000年3月25日まで、毎週土曜 25:30 - 26:24 (日本標準時)に放送。『ギルガメッシュないと』の後継番組である。

概要[編集]

前番組の反省点として当番組は「女性向け情報番組」として放送を開始した。

放送1年目ではグラビアアイドルの松田純と俳優の石黒賢が司会を務めていたが、2年目に入ると石黒が降板し、以後は松田とアンバランスが司会を務めるようになった。

当初はギルガメと同様にお色気要素を持つ番組でもあり、AV女優がヌードを披露するコーナー等もあったが視聴率が伸び悩み、番組は2000年をもって打ち切りとなった。なお、最終回のエンディングでは2年間司会を務めた松田による最後の挨拶が行われたが、この挨拶は最後の5秒間しかオンエアされなかった。

主なコーナー・企画[編集]

  • ラップ治療院
  • ラブラブ秘湯めぐり
  • BAR CINEMA
  • ランジェリーシネマ

出演者[編集]

司会[編集]

コーナー出演者[編集]

ゲスト出演[編集]

スタッフ[編集]

  • ナレーター - 垂木勉
  • 構成 - 安延拓実、青島利幸、鶴芳郎
  • リサーチ - 竹友ミカ
  • 制作進行 - 春名康好
  • ディレクター - 小峰潔貴、藤岡秀万、鈴木努
  • 総合演出 - 武田幹治
  • プロデューサー - 川幡浩(第1期、演出も兼任) → 大原潤三(第2期)
  • シニア・プロデューサー - 斧賢一郎
  • 制作協力 - THE WORKS

放送局[編集]

放送対象地域 放送局 系列 放送日時 備考
関東広域圏 テレビ東京 テレビ東京系列 土曜 25:30 - 26:24 (1998年4月4日 - 2000年3月25日) 製作局
愛知県 テレビ愛知 土曜 24:40 - 25:35 (1998年4月11日 - 1999年1月30日)
土曜 25:10 - 26:05 (1999年2月6日 - 1999年11月6日)[2]
土曜 24:40 - 25:35 (1999年11月13日 - 2000年3月25日)[3]
土曜 25:10 - 26:05 (2000年4月1日)
大阪府 テレビ大阪 土曜 25:30 - 26:25[4]

脚注[編集]

  1. ^ Dr.muneさんのブログプロフィール詳細|Amebaブログプロフィール
  2. ^ 爆笑直輸入ベニーヒルショー』の放送開始によって30分繰り下げ。
  3. ^ 『爆笑直輸入ベニーヒルショー』の終了によって30分繰り上げ。
  4. ^ 番組表上では26:30までの60分枠で表記。
テレビ東京 土曜25:30枠
前番組 番組名 次番組
ギルガメッシュないと
※25:15 - 26:10
(1992年4月4日 - 1998年3月28日)
真・女神転生デビルサマナー
※26:10 - 26:40
(1997年10月4日 - 1998年3月28日)
アルテミッシュNIGHT
(1998年4月4日 - 2000年3月25日)
喝!リベンジナイト
※24:50 - 26:25
(2000年4月8日 - 2000年9月30日)
テレビ東京 土曜深夜のお色気番組
ギルガメッシュないと
(1991年10月5日 - 1998年3月28日)
アルテミッシュNIGHT
(1998年4月4日 - 2000年3月25日)
やりすぎコージー(『テレ土』枠時代)
(2005年4月2日 - 2008年10月11日)