アラゲジリス属

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
アラゲジリス属
生息年代: 鮮新世後期–現世
Xerus inauris 0.jpg
ケープアラゲジリス
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 哺乳綱 Mammalia
: ネズミ目(齧歯目) Rodentia
亜目 : リス亜目 Sciuromorpha
: リス科 Sciuridae
亜科 : Xerinae
: Xerini
: アラゲジリス属 Xerus
学名
Xerus
Hemprich & Ehrenberg1833
英名
African ground squirrel

アラゲジリス属 (Xerus) は、ネズミ目(齧歯目)リス科に属する

アフリカに分布するジリスの仲間で、4からなる。

生態[編集]

開けた林地、草地、岩の多い地域に生息する。昼行性で、地上性。地面に巣穴を掘って暮らす。北米のプレーリードッグに類似したコロニーで生活し、行動も似ている。冬眠はしない。

食性は主に草食性で、種子果実さや穀類昆虫、小型の脊椎動物などを食べる。

ケープアラゲジリス繁殖は非同時性で、繁殖に明確な終わりや時期はなく、7月から10月までの数か月間、非常にわずかな子どもの姿が地上で見られる。懐胎期は48日間、52日で離乳する。1回の出産で1-3頭が生まれる。メスは生後10か月、オスは生後8か月で性成熟する。メスは1年を通して出産する能力があるが、年に1回以上出産するのは10パーセント以下である。

ケープアラゲジリスは大変社会的で、メス1-3頭、オス2-3頭の集団で生活する。時折、何頭かの大人になりかけ(亜成体)のメスがいる集団では、オスの頭数は9頭にまで増える。成熟したオスは彼ら自身の集団を形成する傾向にあり、1集団あたり19-20頭になる。これらの集団はバンドと呼ばれる。

一般的に、ほとんどの哺乳類においてはメスを得るために極端に厳しい競争が存在するものであるにもかかわらず、非常に驚くべきことに、彼らの縄張りは他の集団と共有されている。これは集団で生活する本能によって、競争による繁殖機会の不利益を得る代わりに、捕食者からの生存機会を得ているのである。

分類[編集]

和名および分布は、マクドナルド (1986, p. 157)[1]による。

脚注[編集]

  1. ^ D.W.マクドナルド 編、今泉吉典 監修 『小型草食獣 動物大百科 5』 平凡社1986年、157頁。
  • Nowak, Ronald M. 1991. pp. 577–8 Walker's Mammals of the World Fifth Edition, vol. I. Johns Hopkins University Press, Baltimore.
  • Thorington, R. W. Jr. and R. S. Hoffman. 2005. Family Sciuridae. pp. 754–818 Mammal Species of the World a Taxonomic and Geographic Reference D. E. Wilson and D. M. Reeder eds. Johns Hopkins University Press, Baltimore


関連項目[編集]