アブディウェリ・モハメド・アリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
アブディウェリ・モハメド・アリ
عبدويلي محمد علي
Cabdiweli Maxamed Cali.jpg
生年月日 (1965-07-02) 1965年7月2日(52歳)
出生地 ソマリアの旗 ソマリアドゥサマレブ
出身校 ソマリナショナル大学英語版
ヴァンダービルト大学
ハーバード大学
ジョージ・メイソン大学
所属政党 ソマリア暫定連邦政府
公式サイト Dr. Abdiweli Mohamed Ali Official Campaign Website

在任期間 2014年1月8日 -

在任期間 2011年6月19日 - 2012年10月17日
元首 シェイク・シャリフ・シェイク・アフマド
ムセ・ハッサン・シェイハ・サイード・アブドゥレ(代理)
モハメド・オスマン・ジャワリ(代理)
ハッサン・シェイク・モハムド
テンプレートを表示

アブディウェリ・モハメド・アリソマリ語: Cabdiweli Maxamed Cali, アラビア語: عبدويلي محمد علي, ラテン文字転写: Abdiweli Mohamed Ali、通称ガース Gaas)は、ソマリアの経済学者、政治家。2011年から2012年、ソマリア暫定連邦政府の首相を務めた。2014年からプントランド大統領。ソマリ族出身。

経歴[編集]

ソマリアの北東部、今日のプントランド地域の出身[1]。出身氏族はダロッドマジェルテーン英語版支族[2]。ソマリアとアメリカ合衆国の市民権を持つ[3]

アメリカ合衆国の数校で大学教育を受けた。 ハーバード・ロー・スクールで行政学の修士号を、ヴァンダービルト大学で経済学の修士号を、ジョージ・メイソン大学で経済学のPh.D.を取得している[3]

ソマリアに帰国するまではニューヨーク州ナイアガラ大学英語版で経済学の教授をしており[1]、専門は財政学公共選択論国際貿易[3]

2010年6月12日、アリは当時のソマリア首相モハメド・アブドゥライ・モハメドに認められ、ソマリア暫定連邦政府の計画・国際協力担当長官に任命された。アリは担当職務の専門家として重要な役割を果たした[1][4]

2011年6月19日、辞任したモハメド・アブドゥライ・モハメドの後を受けてソマリアの首相代理に指名され[3][5]、6月23日に正式な首相に指名、6月28日に就任[3]。モハメドの辞任は暫定連邦政府の統治期間を1年間延長するための条件だった[6]

2012年、暫定政府から新政府への移行とともに辞職した。

2014年1月8日、アブドゥルラフマン・モハムード・ファロレの後を受けてプントランドの大統領となった[7]。なお、この選挙の最終候補者11人は、アリを含めて全員マジェルテーン支族出身だった[2]

参考文献[編集]

公職
先代:
アブドゥルラフマン・モハムード・ファロレ
Flag of Puntland.svg プントランド・ソマリア国大統領
第6代:2014 -
次代:
(現職)
先代:
モハメド・アブドゥライ・モハメド
ソマリアの旗 ソマリア首相
2011 - 2012
次代:
アブディ・ファラ・シルドン