コンテンツにスキップ

サリム・アリヨウ・イブロウ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Salim Aliyow Ibrow
سالم علييوو ايبرو
ソマリアの首相
代理
任期
2007年10月29日 – 2007年11月24日
前任者アリー・ムハンマド・ゲーディ
後任者ヌル・ハッサン・フセイン
法務宗教大臣
任期
2008年1月4日 – 2011年6月19日
首相ヌル・ハッサン・フセイン
後任者アフメド・ハッサン・ガボベ英語版
エネルギー・水大臣
任期
2017年3月21日 – 2020年10月19日
首相ハッサン・アリ・カイレ
後任者ハッサン・アブディ・ヌール
個人情報
生誕ソマリア南部
宗教イスラム教

サリム・アリヨウ・イブロウ (英語: Salim Aliyow Ibrow, ソマリ語: Saalim Caliyoow Ibroow, アラビア語: سالم علييوو ايبرو‎) はソマリアの政治家。2007年にソマリアの首相代理を務める。その後も2020年まで断続的に内閣閣僚を歴任。

略歴

[編集]

2007年時点で60代前半と報道されている[1]ことから、1940年代の生まれとみられる。出身氏族はラハンウェイン氏族のディジル支族のJiido[2]。政界に入る前は、大学教員をしていた。

副首相

[編集]

2004年11月3日、ソマリア暫定連邦政府初めての首相にアリー・ムハンマド・ゲーディが指名され、イブロウは副首相に任命される。2005年3月31日、アリー・ムハンマド首相と共に、副首相兼財務大臣としてリビアを訪問[3]

2007年1月29日、連邦議会議長選に出るため、財務大臣兼第3副首相を辞任[4]

ソマリア首相代理

[編集]

2007年10月29日、ゲーディ首相の退任を受けて、1ヶ月弱の間、首相代理を務めた[5]。2007年11月22日でヌル・ハッサン・フセインが首相となった。

副首相兼法務宗教大臣

[編集]

ヌル・ハッサン内閣では副首相兼法務宗教大臣を務める。2008年3月、イブロウは副首相の立場で、プントランドの石油採掘に関する権利を認める趣旨の発言をした[6]。2009年2月14日、オマル・アブディラシド・アリ・シルマルケが首相となるが、イブロウは副首相兼法務宗教大臣に留任。2010年11月1日、モハメド・アブドゥライ・モハメドが首相となるが、イブロウは副首相兼法務宗教大臣に留任。

2011年6月19日、アブディウェリ・ガースが首相になる。ガース首相は法務宗教大臣にアフメド・ハッサン・ガボベ英語版を任命し、イブロウは閣僚から外れた[7]

閣外時代

[編集]

2013年11月、連邦議員の立場でアブディ・ファラ・シルドン首相に反対する動きに署名した[8]

教育大臣、法務大臣

[編集]

2013年12月21日にアブディウェリ・シェイハ・アフメドが首相に指名され、2014年1月16日、イブロウは首相から環境・家畜大臣に任命された[9][10]。ところが早くも2月7日に内閣改造が行われ、高等教育大臣となった[11]

2014年10月25日の内閣改造で、イブロウの担当は法務憲法問題大臣に変更となった[10]。前任の法務大臣ファラ・シェイク・アブドゥルカディル・モハメド英語版は獣医・畜産大臣に移動した[12]

2014年12月24日にオマル・シルマルケが首相に指名され、1月12日、イブロウが就いていた法務大臣にはアフメド・ハッサン・ガボベ英語版が指名され、イブロウは再び内閣から外れた[13]

エネルギー・水大臣

[編集]

2016年11月にはベイ地区の連邦議員選挙で、出身氏族Jiidoの51票全てを獲得して議員に選出された[14]

連邦議会での選挙により、大統領として新たにファルマージョが選出された。ファルマージョ大統領は2017年3月にハッサン・アリ・カイレを首相に指名。カイレ首相は3月21日にイブロウをエネルギー・水大臣に任命した[15]

2017年10月14日、アル・シャバブによる2017年10月14日モガディシュ連続爆破事件英語版の際、攻撃されたホテルの一つにいたため、警察に救出されている[16]

2017年11月6日にはエネルギー・水大臣として連邦議会で演説している[17]

2018年4月24日、イブロウはエネルギー・水大臣を辞任して[18]連邦議会議長に立候補したが[19]、この時はモハメド・ムルサル・シェイク・アブドゥラフマン英語版が当選している。その後、イブロウはエネルギー・水大臣に復帰。

2020年6月、カイレ首相は大統領に解任され、副首相のマフディ・モハメド・グライドが暫定首相となった。グライド暫定首相はイブロウを引き続きエネルギー・水大臣に起用[20]

2カ月間の暫定首相期間を経た後、大統領は9月23日にモハメド・フセイン・ローブルを首相に指名。ローブル首相は10月19日にエネルギー・水大臣にハッサン・アブディ・ヌールを指名し、イブロウは再度閣僚から外れた[21]

脚注

[編集]
  1. ^ The New Humanitarian (2007年10月3日). “Acting PM confirmed as uneasy calm returns to capital”. 2020年11月13日閲覧。
  2. ^ Somalitalk (2004年8月14日). “MAGACYADA XILDHIBAANADA BEELAHA DIGIL IYO MIRIFLE OO DHAMAYSTIRAN”. 2020年11月10日閲覧。
  3. ^ Wafdigii Madaxwaynaha & Rasulwasaaraha Soomaaliya ayaa Caawa la kulmay Xog-haya guud ee ururka Saaxil iyo Saxaraa Maxamed Badi Al Bashar” (2005年3月27日). 2020年11月11日閲覧。
  4. ^ Abdiaziz Mohamed Warsame (2007年1月29日). “SAALIM CALIYOOW IBROOW OO XILKIISII ISKA CASILAY”. 2020年11月10日閲覧。
  5. ^ Somalia - Worldstatesmen.com
  6. ^ SomaliTalk.com (2008年3月25日). “Shirkadda Range Resources oo Hakad Gelisey Saamiyadeedii Suuqa Ganacsiga Australia (ASX)”. 2020年11月15日閲覧。
  7. ^ Abdikafar Hosh (2011年8月17日). “Who's Who in Somalia's New Cabinet”. 2020年11月15日閲覧。
  8. ^ RBC Radio (2013年11月30日). “AKHRISO: Magacyadda Xildhibaanadii saxiixay mooshinka laga keenay R/wasaare Saacid”. 2020年11月15日閲覧。
  9. ^ “SOMALIA PM Said "Cabinet will work tirelessly for the people of Somalia"”. Midnimo. (2014年1月17日). http://www.midnimo.com/2014/01/17/somalia-pm-said-cabinet-will-work-tirelessly-people-somalia/ 2014年1月17日閲覧。 
  10. ^ a b “SOMALIA: PM launches minor cabinet reshuffle”. Raxanreeb. (2014年10月25日). オリジナルの2014年10月25日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20141025140045/http://www.raxanreeb.com/2014/10/somalia-pm-launches-minor-cabinet-reshuffle/ 2014年10月25日閲覧。 
  11. ^ oneindia (2007年2月7日). “Somali PM reshuffles cabinet, brings in new faces”. 2020年11月12日閲覧。
  12. ^ Shukri Said (2014年10月27日). “Somalia: UN Secretary General Will Be in Mogadishu On Wednesday in the Storm of Somalia's Institutional Crisis”. 2020年11月13日閲覧。
  13. ^ Goobjoog News (2015年1月28日). “Nominated Ministers and Their Clans”. 2020年11月15日閲覧。
  14. ^ Warsan Radio (2016年11月22日). “DHAGEEYSO:-DORASHADA MAANTA BEELAHA ISDOORATAY”. 2020年11月10日閲覧。
  15. ^ Somtribune (2017年3月21日). “Somalia Prime Minister names 27-member cabinet”. 2020年11月13日閲覧。
  16. ^ ABDI GULED (2017年10月29日). “Somalia police end night-long siege of hotel, 23 dead”. 2020年11月12日閲覧。
  17. ^ Radio Dalsan (2017年11月6日). “Mid Ka Mid Ah Golaha Wasiirada Oo Maanta Hortegi Doona Baarlaamaanka Soomaaliya”. 2020年11月10日閲覧。
  18. ^ Guure (2018年4月25日). “Todobo Wasiir oo ka Banaan Xukuumadda Khayre”. 2020年11月10日閲覧。
  19. ^ Cabdi Cade (2018年4月18日). “Wasiir katirsan Xukuumada oo isku soo sharaxay Gudoomiyaha Golaha Shacabka (Daawo Sawirada)”. 2020年11月10日閲覧。
  20. ^ Political structure” (2020年8月18日). 2020年11月14日閲覧。
  21. ^ SomTribune (2020年10月20日). “Somalia PM Re-names Former Ministers in New 70-member Cabinet”. 2020年11月14日閲覧。
公職
先代
アリー・ムハンマド・ゲーディ
ソマリアの旗 ソマリア首相
2007(代理)
次代
ヌル・ハッサン・フセイン