アフター・ロミオ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
アフター・ロミオ

アフター・ロミオ英語: After Romeoまたは略称でAR[1]と呼ばれる)は、アメリカ出身の4人組ボーイズバンドレーベルは4 SOUND[2](アメリカ)、Sony Music(日本)。

メンバー[編集]

  • Drew Ryan Scott(ドリュー・ライアン・スコット)
1988年6月17日(29歳)
ラファイエット (ルイジアナ州)生まれでテキサス州ヒューストン育ち[3]。父親はエルヴィス・プレスリーのものまね歌手[4]マグネット・スクールの「ラスベガス・アカデミー」のコーラス部出身[5]。グループの作曲をすべて担当[6]。日本人の祖母を持つクォーターであり、作曲家としても活躍している[6]。作曲家としては、マイリー・サイラスセレーナ・ゴメスなどアメリカのトップ・アーティストに楽曲提供するほどの実力を持つ[6]。また、在米韓国人の音楽プロデューサーと親しかったことからK-popの作曲を手掛けるようになり、東方神起SHINeeEXOキム・ヒョンジュンSS501少女時代といった多数のK-popアイドルの曲を手掛けたほか[7]Sexy Zone三代目J Soul BrothersGENERATIONSなどその他のアジアのアーティストにも楽曲提供した[6]。大人気ドラマ「glee」のオフカメラのリードシンガーに抜擢された実力の持ち主[8]
  • Jayk Purdy(ジェイク・パーディー)
1992年8月7日(25歳)
ネバダ州ラスベガス出身[8]。大のスポーツ好きであり、得意なのはアメリカン・フットボール[8]。だが、どうしても音楽の道に進みたかったため、数々のスポーツ推薦を断った[8]。ダンスが得意で、尊敬しているアーティストはジャスティン・ティンバーレイク[8]
  • T.C. Carter(ティーシー・カーター)
1993年3月3日(24歳)
フロリダ州出身、ジョージア州育ち[8]。尊敬するアーティストはクリス・ブラウンで、特技はジャグリング[8]
  • Blake English(ブレイク・イングリッシュ)
1994年6月14日(23歳)
ジョージア州出身[8]。5歳からダンスを始め、12歳でプロのダンサーとなったため、特技はダンス、振り付けもやっている[8]ミュージカル出身で、数々のミュージカルに出演していた[8]

元メンバー[編集]

  • Devin Fox(デヴィン・フォックス)(2015年6月6日脱退を発表)
1997年9月12日(20歳)
グループの最年少メンバー[8]。ドリューにその才能を見初められ、アフター・ロミオにスカウトされ加入した[8]。ソーシャルメディアにおいて個人で上げていた動画は1000万回再生を記録[8]。好きなスポーツはバスケットボール[8]。尊敬するアーティストはマイケル・ジャクソンジャスティン・ティンバーレイク

概要[編集]

公式には「2013年結成、ロサンゼルス在住の5人組」[9]となっている。だが、実際には、ジェイク、ドリュー、ティーシーの3人は、「Varsity Fanclub(バーシティ・ファンクラブ)」(通称:VFC)という5人組のグループのメンバーであった[10][11][注 1]。このメンバー3人に、新メンバー2人(デヴィン、ブレイク)が加わった状態で、2012年にグループ名を改名した[12][13]。ドリューとジェィクはともにラスベガスからロサンジェルスに移り、趣味のバスケットボールを通じてT.C.と知り合い、その幼馴染のブレイクと、ドリューが学校の講演会で見つけたデヴィンを加えてアフター・ロミオとなった[14]。なお、メンバーのドリューは「VFCとAfter Romeoは全く違うグループ」としている[15]

ARとしてのアメリカでのファースト・デジタルシングル『Free Fall』は、MTV.comで1位を記録[9]。『LOL(Love on Lock)』も全米MTV Hits に選ばれ、ケイティ・ペリーなどを抑えて全米のMTV.comで1位を獲得するほどのヒットを記録している[8]。『LOL(Love on Lock)』がこのような好成績を残せた理由として、シリウスXMラジオのチャンネルの一部であった、「20on20」のリクエストで第3位に選ばれたことがあったことがあげられている[16][注 2]

2014年には「いじめ撲滅ツアー」と称した全米ツアーを敢行し、各地の学校を回って、いじめ撲滅に取り組んでいる[17]。その活躍が話題となり、日本のソニー・ミュージックレコーズと契約[17]。 2014年7月に初来日し、11月19日に日本でメジャーデビュー[18][19]

また、2014年9月13日(現地時間)には、DISH//がフリーライブツアー「キャプテンDISH//がめぐる夏休みの大冒険☆~全国津々浦々イベントツアー2014~」の追加公演として、アメリカ・コロラド州デンバーのThe Orchard Town Centerで行われたアフター・ロミオのイベントにオープニングアクトとしてゲスト参加した[20]

2015年1月14日発売のDISH//の1stアルバム『MAIN DISH』にLOL(Love on Lock)のカヴァーが収録された。また、同年4月に1stアルバム『The Story Continues・・・』が発売された。

2015年8月7日、Twitterの日本オフィシャルアカウントにて、しばらく日本以外の国での活動に専念すると発表された[21]。なお、メンバーのドリューは、2015年10月29日発売の嵐のアルバム、『Japonism』の通常盤に収録されている、『the Deep End』を提供するなど、作曲家として日本での活動を続けている。

ディスコグラフィー[編集]

シングル[編集]

アメリカで配信されたデジタル・シングル
2015年8月5日現在。公式サイト(英語版)[22]iTunesのアーティストページ[23]の両方に記載されたもののみ本項に記載。日本円でも「Free Fall」と「Save Some Snow」は購入(ダウンロード)可能[24]。2015年1月14日より「LOL(Love On Lock)」も日本での配信が開始された。
  • Free Fall
  • Save Some Snow
  • LOL(Love On Lock)
  • Where the people go(2015年7月28日配信開始)
日本発売のシングル
  • Juliet(2014年11月19日発売)

アルバム[編集]

日本発売のアルバム
  • The Story Continues…(2015年4月1日発売)

出典[編集]

  1. ^ Twitter - AfterRomeoJPより
  2. ^ Facebook-AfterRomeoより
  3. ^ BioAfterromeoworld
  4. ^ How to Create a Hit K-Pop Song: Interview with Drew Ryan ScottAsia Pacific Arts, 11/14/2012
  5. ^ Drew Ryan ScottFamous Birthdays
  6. ^ a b c d 嵐・三代目JSBに楽曲提供の実力派 全米No.1ボーイズバンドの素顔が明らかに
  7. ^ After Romeo's Drew Ryan Scott Has Written Music For Everyone From EXO To Taeyang And There's More K-Pop Where That Came From Kpopstarz, November 16, 2015
  8. ^ a b c d e f g h i j k l m n o 全米MTV“NO.1”ボーイズグループのアフター・ロミオ、知られざる“お茶目”な素顔に迫る モデルプレスインタビュー(2014年8月21日、モデルプレス)2014年8月27日閲覧
  9. ^ a b 公式プロフィール
  10. ^ Varsity Fanclub Interview: “We want people to have fun”(2010年12月5日、The Star Scoop)2014年8月27日閲覧
  11. ^ http://fanvasion.com/2009/09/varsity-fanclub-2/
  12. ^ Facebook - Varsity Fanclubより
  13. ^ Facebook - Varsity Fanclubより
  14. ^ [EXCLUSIVE INTERVIEW The Man Who Does It All, Drew Ryan Scott! ]HYPNOTICASIA, 2013
  15. ^ Twitter - drewryanscottより
  16. ^ SiriusXM Cancels Top 40 Channel ’20 On 20,’ Replaces With Rhythmic Pop Hits Station(2014年7月11日、billboardbiz)2014年9月17日閲覧。
  17. ^ a b アフター・ロミオ Archives | rankingbox 気になる人の気になるランキング
  18. ^ 話題の米ボーイズグループ「After Romeo」が初来日!江ノ島でファンと交流(2014年8月1日、exciteニュース)2014年8月27日閲覧
  19. ^ 全米MTVNo.1ボーイズグループ「アフター・ロミオ」、日本デビュー曲詳細&最新ビジュアル公開(2014年9月10日、MUSICMAN-NET)
  20. ^ 【ライブレポート】DISH//、2度目の日比谷野音ワンマンでコロラド州デンバーへの出動が決定
  21. ^ Twitter-@AfterRomeoJPより
  22. ^ http://www.afterromeoworld.com/
  23. ^ iTunes - Music - After Romeo
  24. ^ iTunes - ミュージック - After Romeo

注釈[編集]

  1. ^ 2012年までにVFCのメンバー2人(ティーシーが後から加入したため、その前に脱退したメンバーを含めると3人)が脱退したため、VFCは3人になっていた。
  2. ^ 20on20」の影響で、KONGOS の『Come With Me Now』 とサム・スミス の『Stay With Me』がビルボードBillboard Hot 100に選ばれたことがある。(参照:SiriusXM Cancels Top 40 Channel ’20 On 20,’ Replaces With Rhythmic Pop Hits Station

外部リンク[編集]