アフガン航空相撲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アフガン航空相撲(アフガンこうくうずもう)は、匿名掲示板2ちゃんねる」で誕生したネット・ジョークの一つで、「アフガン航空相撲殺される」というニュースの題名をぎなた読みによる誤読がなされた結果、考え出された架空格闘技相撲)である。

概要[編集]

発祥[編集]

カーブル国際空港

2002年2月15日に、2ちゃんねるの『ニュース速報板』に立った『アフガン航空相撲殺される』(アフガンこうくうしょう ぼくさつされる)というスレッドが発祥とされている[1]

元は、「アフガニスタンアブドゥール・ラフマン航空観光大臣(アフガン航空相)が外遊のため訪れていたカーブル国際空港で、メッカ巡礼のために乗る予定だったフライトが何便も欠航したことに激怒し、暴徒化した巡礼者たちに取り囲まれて殴り殺された("撲殺"される)」という内容のニュースのタイトルであった[2]

しかし、日本には「航空(観光)相」という役職が存在せず、耳慣れないこと、「相撲」が広く知られたスポーツで、一般的によく目にする文字の並びであることもあり、そのタイトルを見て「アフガン航空相撲(という相撲で/という相撲の力士が)殺される」と解釈する人が発生し[1][3]、そのまま定着した。

展開[編集]

後に、同スレッド内において「民明書房[4]書籍が出典であるとする解説の書き込みも行われ、「『航空力士』と呼ばれるアフガンの戦士たちが大空に高く飛び上がり、華麗な空中戦を繰り広げる無敵の暗殺拳『アフガン航空相撲』」というネタとしてそのままスレッド内で定着。Flash動画[1]やイメージイラストも作成されるなどの盛り上がりを見せた。

出典・脚注[編集]

  1. ^ a b c 2典プロジェクト, ed (2005). “アフガン航空相撲”. 2典 第3版. 宝島社. pp. 100. ISBN 4-7966-4754-6. 
  2. ^ 『アフガン航空相撲殺される』 2002年2月15日8時48分に立てられたスレッドで、「06:30 アフガン航空相撲殺される。カタール衛星TV。聖地メッカ行きが2日間にわたって遅れ、激怒した巡礼者が殴り殺す。」と記述されている
  3. ^ “Confusing headlines: Kurashu blossoms”. The Economist. (2010年7月7日). http://www.economist.com/blogs/johnson/2010/07/confusing_headlines 
  4. ^ 魁!!男塾』など、宮下あきら原作の漫画作品に登場する架空出版社の名称

外部リンク[編集]