アダム・ラッパ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
アダム・ラッパ
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 マサチューセッツ州
ジャンル ジャズ
担当楽器 トランペット フリューゲルホルン
公式サイト http://www.adamrapa.com/
著名使用楽器

トランペット 本体
Monette(en) PRANA 3 Bb

マウスピース
Monette B4LS S1(リード演奏用)
B3F S7(他の全ての演奏用)
B3F FL(フリューゲルホーン用)

アダム・ラッパは、アメリカ合衆国マサチューセッツ州ボストン生まれのトランペットフリューゲルホルン奏者、パフォーマー作曲家、指導者。世界中で熱く刺激的に、多くのエネルギーをステージやクラスルームに注ぐことで知られている。

来歴[編集]

マサチューセッツ州ボストンに生まれる。11歳でトランペットを始め、13歳でプロとして演奏するようになる。16歳でバークリー音楽大学で多くのビッグバンドのリード・トランペットを演奏するようになった。そして18歳にはアメリカ国中の多数のジャズ・フェスティバルに出演すると共に、ブルーノートを始め、ニューヨークやボストンの多くのジャズクラブに出演している。

2001年より、トニー賞エミー賞を受賞したブロードウェイ・ショー「ブラスト!」や同カンパニーの作品に出演。これまでに1000回を超える公演を北アメリカ日本イギリスで行っている。

世界中の国の大学、高校、中学、アート・アカデミーやドラム・コーとゲスト・パフォーマーとして共演したり指導も行っている。

2007年ナショナル・トランペット・コンペティションに、ゲスト・アーティストとして出演。

また彼は、グラミー賞を受賞したニコラス・ペイトン英語版や、ロイ・ハーグローブクリスチャン・マクブライドドク・セバリンセン英語版ムノツィル・ブラス英語版、ニュー・ライフ・ジャズ・オーケストラ、ウィクリフ・ゴードン英語版エリック・リード英語版ジェイソン・モラン英語版ロバート・グラスパーサイラス・チェスナットなど、多くの偉大なアーティストと長年ステージやレコーディングにおいて共演している。

最近では、音楽と動きを融合した、エキサイティングで新しいシアター・ショー「鼓喇舞(コラブ)」の創作、作編曲、音楽監督、音響デザイン、そして出演と、多彩なる能力を発揮し、この新プロジェクトを手掛け、2009年日本で初演。大絶賛された。

ディスコグラフィ[編集]

  • ライフ・オン・ザ・ロード(2009年)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]