アイネスフクヤマ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
アイネスフクヤマ
ines FUKUYAMA
左手奥がマンション棟、右手がホテル棟
左手奥がマンション棟、右手がホテル棟
施設情報
所在地 広島県福山市東桜町1-8
座標 北緯34度29分14.7秒
東経133度21分46.2秒
座標: 北緯34度29分14.7秒 東経133度21分46.2秒
状態 完成
着工 2008年(平成20年)9月21日
竣工 2011年(平成23年)2月
開業 2011年(平成23年)4月1日[1]
用途 店舗事務所ホテル医療施設共同住宅駐車場
建設費 約125億円[1]
地上高
最頂部 101.65m
屋上 95.55m 
各種諸元
階数 地上28階地下1階[1] 塔屋1階
敷地面積 5,647.96
建築面積 4,683.32
延床面積 51,163.98
構造形式 鉄骨造(一部鉄骨鉄筋コンクリート造鉄筋コンクリート造
戸数 140戸
駐車台数 348台
関連企業
設計 アール・アイ・エー
施工 フジタ
デベロッパー 福山駅前開発(株)[1]
アイネスフクヤマ
ines FUKUYAMA
店舗概要
開業日 2011年(平成23年)4月1日[1]
商業施設面積 4,970 m²
中核店舗 フレスタ[2]おかず工房
店舗数 30店
最寄駅 福山駅
外部リンク http://ines-fukuyama.jp/
リッチモンドホテル福山駅前
ホテル概要
ホテルチェーン リッチモンドホテル
運営 アールエヌティーホテルズ株式会社
階数 8 - 16階
部屋数 200室
ダブル数 155室
ツイン数 45室
延床面積 6,800 m²
開業 2011年(平成23年)3月[1]1日
最寄駅 福山駅
公式サイト 公式サイト
テンプレートを表示

アイネスフクヤマ(ines FUKUYAMA)は広島県福山市東桜町に2011年3月に完成した商業・住居複合ビル。

歴史・概要[編集]

1961年(昭和36年)に完成した地場産業の繊維業界向けのビル、福山繊維ビルの老朽化が問題となり1980年代から建て替え考想が持ち上がり、再開発組合が設立された。区分所有者の多さなどから困難を極め様々なプランは紆余曲折を経たが、2008年(平成20年)夏に福山繊維ビルは取り壊され、その跡地に東桜町第1種市街地再開発事業として建設された。

総事業費約125億円のうち約48億円を国や広島県と福山市が補助して建設された再開発ビルでホテル棟とマンション棟のツインタワーとなっていて[1]、地下1階から地上2階部分が30区画の商業フロアとなっているが[1]、核店舗の食品スーパーフレスタが隣接していた商業ビルキャスパから[3][2]、書店が福山ロッツからの移転で[4]、それ以外の24店舗も福山初出店は2店舗のみ[4]と既存の市内の商業施設と完全に競合していた。

そのため、福山商工会議所会頭・林克士から[5]「地元店の客がアイネスに移動するだけ。民需圧迫だ。」 との批判をされ[4]、中核店舗を奪われたキャスパが当施設開業翌年の2012年(平成24年)1月31日に閉鎖となったり[6][7]、当施設に店舗が移転した跡が空き店舗のままとなると同時に周辺の人通りが減少する[4]など周辺の活性化には繋がっていない。

また、開業4ヶ月間の来店客数はほぼ見込み通りと発表されている[3]ものの、2011年(平成23年)4月1日の開業時には核店舗の食品スーパーや書店、ドラッグストアなどは開業せず21店舗でスタートし[1]、当初3階の一角に総合メディカル株式会社による医療モール(680m2)として内科・眼科・耳鼻咽喉科・皮膚科・整形外科などの科目で募集が行われた[8]がクリニックの誘致が進まず、最終的に内科診療所と歯科診療所、それに調剤薬局の各1つを2階に配置するに留まった医療ゾーンの1区画と物販ゾーンの2階と地下1階の各々1区画は同年6月時点でもなお出店者が未定の完全な空き店舗状態が続き[9]、同年夏には駐車場を管理していた開業から半年ほどの時点で撤退する[10]など当施設の運営も必ずしも順調とは言えない状況となっている。その後2015年(平成27年)に入り、同一街区内のNHK福山放送会館が老朽化で閉鎖されることが決まったため、会館内に入居していたNHKカルチャー福山教室が2階のテナントとして移転開業した。

なお、施設名「ines FUKUYAMA」は2008年(平成20年)9月21日に2,849通の応募の中から選ばれたもので、「繊維(seni)」を逆読みして建物が新しくなっても繊維ビルの名前を忘れまいとする思いが込められている[11]。またビルの北側1階には「繊維ビル跡地」という石像が建立されている。

施設概要[編集]

JR福山駅の南口である福山市東桜町において東桜町第1種市街地再開発事業により建設された複合ビル。商業施設やオフィス、医療モール、自走式立体駐車場、分譲マンションなどで構成される。住宅棟は”フローレンス福山ローズタワー”というネーミングで備後地方随一の高さである約102mの超高層ビルとなり、ホテル棟も高さは備後地方第二位の約62mとなる。なお、ホテル棟にはリッチモンドホテルチェーンが入居し、客室数は200室のリッチモンドホテル福山駅前が入居。地下部は既存の駅前地下道や市営駐車場と接続する。

  • 所在地:広島県福山市東桜町1-8
  • 構造・規模:鉄筋コンクリート造、鉄骨造、一部鉄骨鉄筋コンクリート造地上28階、塔屋1階、地下1階
  • 高さ:最高部101.65m、軒高95.55m 
  • 敷地面積:5,647.96m2
  • 建築面積:4,683.32m2
  • 延床面積:51,163.98m2
  • 用途:共同住宅(分譲・総戸数140戸)、店舗、オフィス、ホテル、医療施設
  • 総戸数:140戸(非分譲住戸6戸含む、集会室除く)
  • 建築主:福山駅前開発株式会社
  • 分譲マンション棟 売主:章栄不動産株式会社
  • 設計・監理:株式会社アール・アイ・エー
  • 施工:株式会社フジタ
  • 着工:2008年(平成20年)9月21日(起工式)
  • 竣工:2011年(平成23年)2月
  • オープン:2011年(平成23年)4月1日[1]

リッチモンドホテル福山駅前[編集]

会議室こそあるものの、レストランやバーなどの飲食施設や宴会場などは全くない宿泊特化型のビジネスホテル。 客室はダブルやツインのみで、主力の一人客にはダブルのシングルユースで対応している。

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j “再開発ビルの商業フロア開業”. 中国新聞 (中国新聞社). (2011年4月2日) 
  2. ^ a b “福山キャスパのフレスタ閉店”. 中国新聞 (中国新聞社). (2011年9月30日) 
  3. ^ a b “アイネス来客「見込み通り」”. 中国新聞 (中国新聞社). (2011年9月22日) 
  4. ^ a b c d “「アイネス」開業2週間、ビル内と周辺で明暗 福山駅前”. 朝日新聞 (朝日新聞社). (2011年4月16日) 
  5. ^ キャスパの大株主である鞆鉄道の会長。
  6. ^ “「キャスパ」閉店 36年に幕”. 中国新聞 (中国新聞社). (2012年2月1日) 
  7. ^ “福山駅前の「キャスパ」閉館”. 山陽新聞 (山陽新聞社). (2012年2月1日) 
  8. ^ JR福山駅前にクリニックモール誕生! (DtoDコンシェルジュ)
  9. ^ “アイネスフクヤマに空き店舗”. 中国新聞 (中国新聞社). (2011年6月30日) 
  10. ^ “キャスパ後、市議会から懸念”. 中国新聞 (中国新聞社). (2011年9月2日) 
  11. ^ “inesFUKUYAMA(アイネスフクヤマ)ネーミングの理由”. アイネスフクヤマタイムズ 創刊号 (福山駅前開発). (2008-9-22). 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]