ダイラケのびっくり捕物帖

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
びっくり捕物帳から転送)
移動先: 案内検索
ダイラケのびっくり捕物帖
ジャンル コメディ番組
放送国 日本の旗 日本
制作局 大阪テレビ → 朝日放送大阪テレビ朝日放送
製作総指揮 吉村繁雄(制作)
演出 信太正行
脚本 香住春吾
プロデューサー 吉村繁雄
出演者 中田ダイマル・ラケット
藤田まこと
森光子
ほか
第6回まで
放送時間 日曜 19:30 - 20:00(30分)
放送期間 1957年4月22日[疑問点 ] - 1957年
第7回から
放送時間 日曜 12:15 - 12:45(30分)
放送期間 1957年6月 - 1960年5月22日

特記事項:
第8回からは日本テレビでも放送。読売テレビの開局後にはラジオ東京テレビでのネットへ移行。
テンプレートを表示

ダイラケのびっくり捕物帖』(ダイラケのびっくりとりものちょう)は、1957年4月22日[疑問点 ]から1960年5月22日まで大阪テレビ → 朝日放送大阪テレビ朝日放送などで放送されていた大阪テレビ → 朝日放送大阪テレビ → 朝日放送製作のコメディ番組である。

概要[編集]

目明し2人と与力と与力の妹が4人で事件を推理し、解決に導くまでを描いた時代劇風のコメディ。主演は中田ダイマル・ラケット。他に藤田まこと森光子がレギュラー出演していた。本番組は藤田のテレビデビュー作であり、また森の出世作ともなった。

今も続く上方お笑い番組の元祖となった番組であり、日本の民放テレビ局による上方コメディでは初の全国ネット番組でもある。ただし、そのネット関係は少々複雑である(詳細は後述)。

番組は前後編構成で、前半30分で事件が発生してダイラケが捜査を開始し、後半30分で事件が解決するという流れになっていた。原則として生放送で行われていたが、大阪テレビ → 朝日放送大阪テレビ時代を含む朝日放送にとっては初の時代劇であったため、セットの構築には非常に苦労したという。

あらすじ[編集]

舞台は江戸時代大阪天満。そこに居を構える2人の目明し(中田ダイマル・ラケット)は、与力(藤田まこと)の指示で事件の捜査を開始する。やがて犯人を見つけるが、いざ捕縛となると実は弱虫の2人は犯人を前に尻込みしてばかり。そこで一声「お妙さーん!」と叫ぶと、与力の妹であるお妙(森光子)が現れる。実はお妙は武術の名手で、小刀を振るって2人の危機を救いつつ犯人を捕まえる快刀乱麻の活躍をする。

出演者[編集]

  • 目明し・天満の五郎長:中田ダイマル
  • 目明し・びっくり勘太:中田ラケット
  • 与力・来島仙之助:藤田まこと
  • 来島の妹・妙:森光子 - 1959年5月31日放送分をもって降板。表向きには「東京に活動拠点を移すため」とされたが、実際には既にTBSディレクターの岡本愛彦との交際が進展しており、関係者には「結婚のため降板する」と申し入れていた[1]

スタッフ[編集]

  • 脚本:香住春吾
  • 制作:吉村繁雄
  • 演出:信太正行
  • 美術:柴田千之
  • 道具:梅田舞台
  • 殺陣指導:的場達雄

放送時間・ネット局について[編集]

第6回までは大阪テレビのみで放送の近畿ローカル番組で、毎週日曜 19:30 - 20:00 (日本標準時)に放送されていた。それから間もなく日本テレビにネットすることが決まり、第7回をもって放送時間を日曜 12:15 - 12:45 に変更。そして第8回で日本テレビへの正式なネットが開始された[2]

しかし、1958年8月28日に日本テレビ系列の在阪準キー局である読売テレビが大阪で開局したため、大阪テレビはラジオ東京テレビとネットを組むことになり、それに合わせて関東地区でのネット先も同局に変更された(放送時間の変更はなし)。以後は最終回までラジオ東京テレビ系列全国ネットで放送されていた。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 澤田隆治 『上方芸能・笑いの放送史』 日本放送出版協会1994年、132頁。
  2. ^ 澤田隆治 『上方芸能・笑いの放送史』 日本放送出版協会、1994年、115頁。

外部リンク[編集]

大阪テレビ 日曜19:30枠
前番組 番組名 次番組
-
ダイラケのびっくり捕物帖
(1957年だが不明)
-
日本テレビ系列 日曜12:15枠
サンデーミュージック
※12:15 - 12:30
ロッテ物識り大学
※12:30 - 13:00
【日曜12:45枠から移動】
ダイラケのびっくり捕物帖
(1957年6月 - 1958年9月)
ラジオ東京テレビ系列 日曜12:15枠
ロッテ 歌のアルバム(第1期)
(1958年5月4日 - 1958年9月)
※12:15 - 13:00
【日曜12:45枠へ移動・縮小】
ダイラケのびっくり捕物帖
(1958年10月 - 1960年5月22日)
どろん秘帖
(1960年5月29日 - 1961年2月26日)