岡本愛彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

岡本愛彦(おかもと よしひこ、1925年10月11日 - 2004年10月24日)は、日本の映画監督テレビドラマ演出家ジャーナリスト

人物[編集]

1925年10月11日に、日本統治時代の朝鮮[1][2]または鳥取県で生まれる[3][4]。陸軍士官学校在学中に敗戦を迎え、1946年には日本社会党へ入党。1950年に慶應義塾大学を卒業[3]し、NHK東京放送局に放送記者・社会報道番組ディレクターとして入局。その後、鳥取・東京・大阪と放送局を転々とし、後にテレビドラマを手掛けるようになる。1957年にNHKを退社して、ラジオ東京(KRT、現・東京放送ホールディングス / TBSテレビ)へ入社する[3]

黎明期のテレビドラマにおいて、社会性のある作品を中心に活躍した演出家である。特に、1958年の『私は貝になりたい』、1959年の『いろはにほへと』を演出し、いずれも芸術祭文部大臣賞(現在の大賞)を受賞した。

1959年に女優の森光子と結婚したが、1963年に離婚した。1963年にはTBSを退社。

1970年日活の映画『愛の化石』で監督を担当し、1974年の富島健夫原作の映画『青春の海』では監督・製作、および野口溪と脚本を担当した。その後、『告発 在日韓国人政治犯レポート』、『ボク、走りたい!』、『世界人民に告ぐ!』などの、日本における在日朝鮮人をテーマにした映画の監督を担当した[2][4]

以降は、大阪経済法科大学教授、明星大学日本文化学部教授を歴任し、映像論・放送論を担当した。晩年には日本ジャーナリスト同盟顧問となる。

2004年10月24日に前立腺癌のため、神戸市の病院で死去[3]

主な作品[編集]

テレビ[編集]

NHK時代[編集]

  • モダン寄席(脚本:花登筺) - NHK大阪放送局の試験放送番組
  • 彼は先輩(1953年9月) - テレビドラマ演出第1作
  • 健の犯罪(1954年1月21日、演出助手)
  • 追跡(1955年11月26日、大阪スタジオディレクター) - 東京・大阪4元中継。第10回芸術祭大賞受賞作品
  • ひょう六とそばの花 狂言様式による(1956年、プロデューサー) - 第11回芸術祭奨励賞受賞作品
  • 絵本(1956年12月13日)
  • 愛のかたみ(1957年3月4日)

KRT → TBS時代[編集]

  • サンヨーテレビ劇場
    • 失格女房とその良人(1958年1月)
    • 私は貝になりたい(1958年10月31日、脚本:橋本忍) - 第13回芸術祭大賞受賞作品
    • いろはにほへと(1959年11月20日、脚本:橋本忍) - 第14回芸術祭大賞受賞作品
    • ドキュメント・フィルム 日本1960(1960年11月25日、監修:土門拳) - 第15回芸術祭参加作品
  • おかあさん
    • 第74回「壁と爪」(1961年4月12日)
    • 第119回「青い家」(1962年1月25日)
  • 東芝日曜劇場
    • 露地の奥(1961年7月23日、演出補助、演出:佐分利信
    • 四つの顔(1962年8月12日)
  • 近鉄金曜劇場
    • 日独合作ドラマ 失われた顔(1961年11月10日) - 北ドイツ放送協会との共同制作
    • 毒薬(1963年3月8日、脚本:菊田一夫
  • 花は桜子(1963年4月2日 - 12月24日)

フリー時代[編集]

  • 赤い火を何時か(1963年11月28日、テレビ西日本、脚本:国弘威雄
  • 孤愁の岸 宝暦治水始末記(1964年4月12日、東京12チャンネル) - 東京12チャンネル(現・テレビ東京)開局当日に放送
  • ここに泉あり(1964年7月20日 - 7月24日、東京12チャンネル、脚本:田井洋子
  • 剣(日本テレビ
    • 第27回「首斬り浅右衛門」(1967年10月16日、脚本:橋本忍)
    • 第40回「魔性」(1968年1月15日、脚本:中島丈博・国弘威雄)
  • お庭番(日本テレビ)
    • 第9 - 12話「白い宝」(1968年4月29日 - 5月20日)
    • 第21・22話「忍び化粧 前編・後編」(1968年7月22日 - 7月29日)
  • 浮世絵 女ねずみ小僧(1971年、フジテレビ
  • 新聞が死んだ日(1980年12月11日、テレビ朝日

映画[編集]

  • 津軽絶唱(1969年、東宝東京映画、監督)
  • 愛の化石(1970年、日活石原プロ、監督・脚本)
  • 青春の海(1974年、東宝、監督・脚本)
  • 告発 在日韓国人政治犯レポート(1975年、統一社プロ、監督・構成)
  • ボク、走りたい!(1977年、監督・脚本)
  • 世界人民に告ぐ!(1977年、監督・脚本・製作)
  • 川越'82 〜新しい連帯の輪を求めて〜(1982年、川越市) - 地方の時代映像祭 第1回自治体部門賞受賞作品

司会[編集]

ラジオ[編集]

書籍[編集]

  • テレビドラマのすべて テレビ・テレビ局・テレビドラマ(1964年、宝文館出版)
  • 日本人への遺書(1978年、未來社
  • テレビよ、驕るなかれ 放送の原点を問う(1983年、麦秋社)
  • ジャーナリズムを叱る(1989年、大阪経済法科大学出版部)

岡本愛彦を演じた俳優[編集]

  • 藤木直人(森光子を生きた女 〜日本一愛されたお母さんは、日本一寂しい女だった〜、2014年5月9日、フジテレビ

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ ワンコリアフェスティバル 賛同のメッセージ1997”. ワンコリアフェスティバル (1997年). 2009年8月8日閲覧。
  2. ^ a b 山形国際ドキュメンタリー映画祭 カタログ2005”. 山形国際ドキュメンタリー映画祭 (2005年). 2009年8月8日閲覧。
  3. ^ a b c d 岡本愛彦さん(映像作家、ジャーナリスト)が前立腺がんのため死去”. nikkansports.com (2004年). 2009年8月8日閲覧。
  4. ^ a b 岡本愛彦”. allcinema ONLINE (2009年). 2009年8月8日閲覧。