善福寺 (大阪市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
善福寺
Zenpukuji (Tennoji, Osaka)1.jpg
所在地 大阪市天王寺区空堀町10-19
位置 北緯34度40分24.6秒
東経135度31分36.9秒
山号 如意山
院号 甘露院
宗派 高野山真言宗
本尊 弘法大師
開基 聖徳太子
中興年 宝亀9年(778年
中興 開成皇子
正式名 どんどろ大師善福寺
別称 どんどろ大師
札所等 摂津国八十八箇所第11番
法人番号 7120005001495
テンプレートを表示

善福寺(ぜんぷくじ)は、大阪市天王寺区にある高野山真言宗の寺院。「どんどろ大師」の名で知られる。

宗教法人としての登録名は「どんどろ大師善福寺」[1]。山号については「三松山」とする資料もあるが誤りである。

概要[編集]

現在、善福寺のある位置には鏡如庵大師堂(鏡如寺・通称:どんどろ大師)という寺があったが、明治時代に廃寺になっている。その後、明治42年(1909年)1月9日に大阪府豊能郡豊能町(旧大阪府豊能郡東能勢村)にあった如意山甘露院善福寺を鏡如庵大師堂のあった場所(現在地)へ移転し、現在に至っている。

本尊[編集]

  • 弘法大師(真如様御影、彩色木像)

近代・現代[編集]

  • 明治期の廃仏毀釈で、寺運が衰微した時期もあったが、大阪の弘法大師信仰の巡礼「大師巡り」「浪華大師巡り」の巡礼地として多くの参拝者で賑わい、大阪の弘法大師信仰の拠点寺院のひとつでもあった。
  • 昭和20年(1945年)6月1日の空襲により、本堂・諸堂・本尊などが罹災し、焼失した。
  • 現在の本堂は昭和58年(1983年)11月3日に落慶法要を行った。
  • 境内には、明治40年(1907年)5月21日に日露戦病死者記念仏として開眼された勝軍地蔵尊(青銅製)があり、大師堂(善福寺の旧山門を移転改築した建物)に修行大師像(青銅製)が安置されている。修行大師に笠が無いのは、戦時中(太平洋戦争 1942年~1945年)に供出(きょうしゅつ)したためである。
  • 平成19年(2007年)、どんどろ大師善福寺境内にある勝軍地蔵尊の建立100年と、2009年(平成21年)に、どんどろ大師善福寺中興當地開創百年を迎えることから、この2つの百年を記念して、平成21年(2009年)山門前に、歌舞伎傾城阿波の鳴門 どんどろ大師門前の場」に登場する「お弓 おつる」母子像の銅像が建立された。

鏡如庵大師堂(どんどろ大師)[編集]

大坂冬・夏の陣の戦跡[編集]

  • 鏡如庵大師堂(きょうにょあんだいしどう)は、宝暦2年(1752年)3月に高野山岩本院 法資法道が大坂夏の陣(元和元年・1615年)の戦死者の霊を弔うために創建されたと言う。鏡如庵とも称する。鏡如庵大師堂のあった付近は、大坂冬の陣(慶長19年・1614年)では、真田幸村真田丸を築き、激戦があった。大坂冬・夏の陣ともに激戦地であった。
  • また、堂内には、「大坂夏の陣の戦死者」を供養するために、「大坂夏の陣の戦死者」を悼む文章と和歌が記された額が掲げられていた。その額文は「摂津名所図会大成」巻3に拠れば、「當庵の地にハ(は) いにしへ 元和の仲夏 兵革闘諍の地たりしも 今は佛乘の場となり 菩提結緣の雨に潤ふ事 いと有難くぞ おもふ 曇りなき法の鏡にかけ見へて こゝろの塵をはらすゝしさ 玉造住 和氣隅 謹詠」

信仰[編集]

  • 弘法大師巡礼の道筋にあたり、毎月21日の弘法大師の縁日には多くの参拝・巡礼者があったと言う。
  • かつては、境内には藤吉稲荷の祠があり、「子授けの利益」でよく知られ、「饅頭喰い人形」が授与されていたというが、今はその祠もなく、廃れてしまった。
  • 明治6年(1873年)住職の義等が帰農して、鏡如庵大師堂は廃庵となる。明治12年(1879年)鏡如寺(きょうにょじ)と寺号を改めて再興するが、まもなく廃寺となった。

本尊[編集]

本尊・如意輪観世音菩薩、脇士・左側に薬師佛、右側に地蔵尊。

「どんどろ大師」のいわれ[編集]

  • 「どんどろ大師」の語源については、土井利位(どいとしつら)(生没年:1789年~1848年)(下総国古河(茨城県)藩主)が大坂城代に在任中の期間(1834年~1837年)の屋敷が鏡如庵大師堂の近くにあり、土井利位が鏡如庵大師堂に祀られている弘法大師に深く帰依し、参拝していたために「土井殿の大師」(どいどののだいし)の名が起こり、遂に、どんどろ大師に転訛したと言うが、正確な語源は分っていない。

境内に、土井氏と彫られた五輪塔が今も残る。

歌舞伎の舞台[編集]

  • また、鏡如庵大師堂は、歌舞伎傾城阿波の鳴門(けいせいあわのなると)」、歌舞伎「国訛嫩笈摺(くになまりふたばのおいずる)」の「どんどろ大師 門前の場」の舞台として設定されている。巡礼姿の娘おつると母おゆみの愁嘆を描いた場面が有名である。

善福寺[編集]

開創~江戸[編集]

広大な境内を有し、伽藍が整い、多くの僧坊があったと言う。本尊・薬師如来 脇士・日光菩薩 月光菩薩十二神将、厨子に納められた、(降雨に霊験があるとされる)聖徳太子像を奉祀していた。

創建以来、度重なる火災に遭い、多くの堂宇を失った。

  • 木代村から宮中へ献上される「御玄猪餅」(おげんちょもち)(別名・「亥の子餅」(いのこもち))を作る時に使用する井戸や調理道具などを善福寺の院主が浄(きよめ)の御加持(おかじ)を行ったと言う。文禄2年(1593年)には、朝廷より「御玄猪餅」の御加持役のため、田地(約2)を下賜された。寺運は興隆した。

明治~大阪市へ移転[編集]

  • しかし、明治時代になり、宮中への「御玄猪餅」の献上は明治3年(1870年)に停止。それに伴い、御加持役を廃された。また、田地などの返納を命じられて、経済基盤の多くを失った。

明治時代に入ると、寺運は急速に傾いていった。

明治42年(1909年)に大阪市天王寺区空堀町へ移転することになる。

年中行事[編集]

  • 1月21日 午後2時~ 大般若転読法会(だいはんにゃてんどくほうえ)
  • 3月22日 午後2時~ 施餓鬼法会(せがきほうえ)
  • 8月2日 午前10時~施餓鬼法会(せがきほうえ)
  • 8月15日 午後3時~午後8時 お盆 精霊流し
  • (毎月1日) 午前7時~ 勝軍地蔵尊護摩供(しょうぐんじぞうそんごまく)
  • (毎月21日)午前10時~ 勝軍地蔵尊護摩供(しょうぐんじぞうそんごまく)
  • (毎月21日)勝軍地蔵尊護摩供終了後、本堂にて観音経読誦

交通[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 大阪府宗教法人名簿”. 大阪府. 2019年8月22日閲覧。

出典[編集]

  • 「摂津名所図会(有馬郡・能勢郡)」
  • 「浪速奇談」
  • 「摂津名所図会大成」
  • 「大阪府全志」
  • 「豊能町町史」