ちぐさ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
「ちぐさ」跡地の記念プレート(2010年10月15日撮影)

ちぐさは、横浜市中区野毛町に所在するジャズ喫茶である。

概要[編集]

1933年吉田衛により開業(横浜市中区野毛町1-23にて)。当時6000枚のレコードを有したが、1945年の横浜大空襲で焼失。戦後、米兵向けのレコードを収集し再開した。

日野皓正秋吉敏子渡辺貞夫らが通い、現在、毎年秋開催の「横浜ジャズプロムナード」の生みの親ともいえる喫茶店となった。1994年に店主が他界した後も、親族が営業を継続。しかし、地域の再開発計画により2007年1月31日をもって閉店した。所蔵レコードのうち3000枚は横浜市中央図書館に、家具や備品類は「ちぐさ会」と呼ばれる常連客らが桜木町駅から続く「野毛ちかみち」の倉庫に保管した。

2012年3月11日、旧店舗と同じ野毛地区の別の場所(横浜市中区野毛町2-94)で有志による支援を得て営業を再開。運営は「ちぐさ会」。「ちぐさ会」というのは旧店時代の常連客やファンなどで構成された有志団体である。二台の大型スピーカーとジャズのレコード、食器や家具類は旧店舗で使っていたものをそのまま使用している。

参考資料[編集]

  • 吉田衛 『横浜ジャズ物語 -「ちぐさ」の50年』(神奈川新聞社、1985年)

外部リンク[編集]

座標: 北緯35度26分55.6秒 東経139度37分47.6秒 / 北緯35.448778度 東経139.629889度 / 35.448778; 139.629889