たのしい川べ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

たのしい川べ』(たのしいかわべ、The Wind in the Willows)は、イギリスの作家・ケネス・グレアム1908年に発表した児童文学作品。

原題の "The Wind in the Willows" は日本語に直訳すると「ヤナギ林に吹く風」の意味であるが、日本では英文学者中野好夫1940年に抄訳した際の『たのしい川べ』という題名が定着しており[1]、他に『ヒキガエルの冒険』『川べにそよ風』『川べのゆかいな仲間たち』などの題名でも出版されている。

初版の表紙

概要[編集]

銀行勤めに嫌気がさして退職し、田舎に引っ越したころのグレアムが息子のために著作したものである。当時の彼は「ただボートに乗ってぶらぶらする(messing about in boats)」という物語にも出てくる一節の通り、テムズ川近くで過ごしていた。

物語は個性の強い4匹の小動物(モグラ、ミズハタネズミ、ヒキガエル、アナグマ)が登場し、緩急の付けられたミステリー、冒険、道徳、友情の入り交じったエピソードが続く。物語はイギリス階級社会の風刺とされ、登場する4匹の動物は当時の階級を代表する性格を擁していた。川に住むものは上流階級であり、森に住む者は下流階級であると考えられている。そして、登場する動物の生態に倣い、ヒキガエルのトードは上流階級、ミズハタネズミとアナグマは中流階級(ミズハタネズミは少し上流に近い)、そしてモグラは下流階級というように見なされる。

登場してくるのは動物ばかりではなく、脇役は人間であることが多い。

主に登場する4匹の動物[編集]

1913年版の挿絵。
モール(Mole)
のんきなモグラ。最初に登場する。川岸の生活に威圧されるものの、その生活にも次第になれてくる。
ラッティー(Ratty)
川べの暮らしを愛するミズハタネズミ。親切で常識をもち、のんびり屋のモールのいい友人になる。
トード(Mr. Toad)
我の強いわがままでうぬぼれ屋のヒキガエル。
バジャー(Badger)
無愛想なアナグマ。仲間たちよりひとまわり年輩で、ひきがえるの父の旧友であり、粗野な反面、頼りになるリーダーである森の賢者。

あらすじ[編集]

物語の前半と後半では、主人公が異なる。前半はもぐら、後半はひきがえるが主役である。

地面の下にある自宅の大掃除をしていたもぐらは汚れ仕事に嫌気がさし、家を飛び出して、川の岸べにやってきた。気のいい川ねずみのラッティと出会って友人になったもぐらは、川べりのねずみの家で同居をはじめる。物語の前半では彼らの過ごす四季の生活、出会う近隣の動物たちなどが、川べりの風物とともに、牧歌的に描かれる。

近所には大きな古い屋敷があり、ひきがえるの若旦那が住んでいた。彼は陽気でつきあいのいい男だが、派手好きで飽きっぽく、つぎつぎに金のかかる道楽にはまって親から受け継いだ資産を無駄に費やし、周囲に迷惑をかける困った癖があった。その頃馬車に凝っていたひきがえるは、ねずみともぐらに一緒に馬車で旅行に出ることを提案し、三匹は馬車で旅に出る。しかし数日たつとひきがえるは早くも飽きてしまい、何も仕事をしなくなった。ある日彼らの馬車は、街道上で自動車に煽られて横転してしまう。後始末を押しつけられたねずみはともぐらは散々な目に遭ったのち、ようやく家に戻ってきた。

何週間かたち、ねずみの家にアナグマが訪ねてきた。事故のあと、こんどは自動車に凝りだしたひきがえるはたちまちスピード狂になり、衝突事故を繰り返して「街道の暴れん坊」のあだ名をつけられ、近隣の恐怖の的になっていた。旧友の息子であるひきがえるを心配したアナグマは、ねずみともぐらを助手にひきがえるを屋敷に閉じ込め、人格矯正を試みる。だがひきがえるは見張り当番のねずみを騙し、うまく屋敷から逃げ出すことに成功する。

地元から立ち退いたひきがえるはそのうち、盗んだ自動車で事故を起こして逮捕され、刑務所にぶち込まれる。牢役人の娘の助けで刑務所から脱走し、追跡からもあやうく逃れ、苦労の末に故郷に戻ったひきがえるはねずみから、留守中に屋敷が森のいたちの軍団に占拠されていることを知らされる。屋敷に乗り込もうとして何度か殺されかけたひきがえるだったが、アナグマが先代から聞いていた秘密の抜け穴を通って邸内への侵入に成功、油断していたいたちの軍団を追い払い、屋敷を取り戻した。

ひきがえるはお祝いに、近隣の動物仲間を呼んで記念のパーティーを開く。その会に現れた彼は、以前とはすっかり変わっていた。いろいろな苦労をしてきたひきがえるは落ち着いた控えめな紳士になり、以後は静かに生活したのだった。

日本語訳について[編集]

古いものでは、1940年に白林少年館出版部より刊行された中野好夫の抄訳が存在する。完訳は白林少年館の設立者であった石井桃子1950年英宝社より『ヒキガエルの冒険』の題名で刊行し、この訳を改訂して中野訳の表題を引き継いだハードカバー『たのしい川べ ―ヒキガエルの冒険―』が1963年岩波書店より刊行された。この岩波版では、E・H・シェパードの挿絵を用いている。

また、1992年にはグレアムの日本における著作権の保護期間戦時加算を含めて満了し、講談社より岡本浜江の新訳が『川べにそよ風』の題名で刊行された。この新訳版ハードカバーと青い鳥文庫の旧版ではジョン・バーニンガム英語版の挿絵が使用されていたが、青い鳥文庫版は1997年に改訂されパトリック・ベンソンの挿絵が新たに使用されている。

  • 川べにそよ風 訳:岡本浜江 画:ジョン・バーニンガム(講談社、ハードカバー)
    1992年6月初版 ISBN 4-06-205586-4
  • 川べにそよ風 訳:岡本浜江(講談社、青い鳥文庫)
    旧版 画:ジョン・バーニンガム 1993年5月初版 ISBN 4-06-147382-4
    新訂版 画:パトリック・ベンソン 1997年11月初版 ISBN 4-06-148470-2

また、本作を原作とするテレビアニメ楽しいウイロータウン』の放送に合わせて、講談社からは青い鳥文庫よりも低年齢層向けの単行本『川べのゆかいな仲間たち』が鈴木悦夫の訳で刊行されている。

  • 川べのゆかいな仲間たち 訳:鈴木悦夫 画:鈴木まもる(講談社)
    1993年7月初版 ISBN 4-06-206529-0

翻案作品[編集]

以下のように多数の映像化を始めとする翻案作品が存在する。

映像化作品[編集]

また、2012年より「イカボードとトード氏」をベースにしたディズニーランドのアトラクション"Mr. Toad's Wild Ride"(トード氏のワイルドライド)を基にした実写映画作品が企画されていることが明らかになった[2]

その他[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 当初の表記は「たのしい川邊」。
  2. ^ ディズニーランドのアトラクションを下敷きにした映画企画が始動(映画.com、2012年4月21日)

外部リンク[編集]