たて座デルタ星

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
たて座デルタ星
Scutum constellation map.png

たて座デルタ星の位置(中央)
データ
元期 J2000      Equinox J2000
星座 たて座
赤経 18h 42m 16.422137s[1]
赤緯  ?09° 03′ 09.19206″[1]
視等級 (V) 4.72[2]
特徴
スペクトル分類 F2 IIIp[3]
U-B 色指数 +0.16[2]
B-V 色指数 +0.35[2]
変光星 たて座デルタ型変光星
アストロメトリー
視線速度 (Rv) ?44.8[4] km/s
固有運動 (μ) 赤経: 9.21[1] ミリ秒/
赤緯: 0.82[1] ミリ秒/
年周視差 (π) 16.11 ± 0.31[1] ミリ秒
距離 202 ± 4 光年
(62 ± 1 パーセク)
絶対等級 (MV) 0.72 ± 0.04[5]
詳細
質量 2.23+0.06
−0.05
[6] M
表面重力 (log g) 3.5[7]
表面温度 7,000[7] K
自転速度 (v sin i) 25.5[7] km/
他の名称
2 Sct, BD?09 4796, FK5 1486, HD 172748, HIP 91726, HR 7020, SAO 142515.[8]

たて座デルタ星(Delta Scuti, δ Sct)は、たて座にある巨星である。視等級は4.72で[2]、小さなたて座の中で5番目に明るい恒星である。ヒッパルコスにより測定された視差の分析により、地球からの距離は約202光年と測定された[1]。たて座デルタ星は、たて座デルタ型変光星のプロトタイプである。特異化学元素の存在量は、Am星と同程度である[7]

1900年、ウィリアム・キャンベルウィリアム・ライトリック天文台で、この恒星の視線速度が変化していることを観測した[9]。周期は0.19377日、明るさ変化は0.2等級であり、1935年にこの恒星は分光連星ではなく、明るさの変化は固有のものであることが示された[10]。1938年、2番目の周期が発見され、脈動理論のモデルは変更を迫られた[11]。最も強い周期は、59.731μHzのもので、2番目に強い周期は、61.936μHzの周波数のものである。その他、合計8つの異なる周波数の周期が観測されている[12]

銀河座標におけるこの恒星の空間速度の成分は、[U, V, W] = [-42, -17, -1] km/sで、銀河系中心の周りを近点2万2310光年、遠点2万7590光年、軌道離心率0.11で公転している[5]。たて座デルタ星が現在の運動と明るさを維持すると、115万年から133万年後に太陽系から10光年の距離を通過し、全天で最も明るい恒星になる[13]。視等級は-1.84に達し、現在-1.46等級のシリウスよりも明るい[14]

この恒星は2つの伴星を引き連れており、1つ目は+12.2等級で、15.2秒離れている。2つ目は+9.2等級で、53秒離れている[15]

たて座デルタ星は、後にわし座2番星とも呼ばれるようになった[16]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f van Leeuwen, F. (November 2007), “Validation of the new Hipparcos reduction”, Astronomy and Astrophysics 474 (2): 653–664, arXiv:0708.1752, Bibcode 2007A&A...474..653V, doi:10.1051/0004-6361:20078357 
  2. ^ a b c d Johnson, H. L. et al. (1966). "UBVRIJKL photometry of the bright stars". Communications of the Lunar and Planetary Laboratory 4 (99): 99. Bibcode:1966CoLPL...4...99J. 
  3. ^ Cowley, Anne; Fraquelli, Dorothy (February 1974), “MK Spectral Types for Some Bright F Stars”, Publications of the Astronomical Society of the Pacific 86 (509): 7, Bibcode 1974PASP...86...70C, doi:10.1086/129562 
  4. ^ Evans, D. S. (June 20–24, 1966). “The Revision of the General Catalogue of Radial Velocities”. In Batten, Alan Henry; Heard, John Frederick. Determination of Radial Velocities and their Applications, Proceedings from IAU Symposium no. 30. University of Toronto: International Astronomical Union 
  5. ^ a b Holmberg, J.; Nordström, B.; Andersen, J. (July 2009), “The Geneva-Copenhagen survey of the solar neighbourhood. III. Improved distances, ages, and kinematics”, Astronomy and Astrophysics 501 (3): 941–947, arXiv:0811.3982, Bibcode 2009A&A...501..941H, doi:10.1051/0004-6361/200811191 
  6. ^ Nordström, B. et al. (May 2004), “The Geneva-Copenhagen survey of the Solar neighbourhood. Ages, metallicities, and kinematic properties of ˜14 000 F and G dwarfs”, Astronomy and Astrophysics 418: 989–1019, arXiv:astro-ph/0405198, Bibcode 2004A&A...418..989N, doi:10.1051/0004-6361:20035959 
  7. ^ a b c d Yushchenko, A. et al. (May 2005). "The chemical composition of δ Scuti". Monthly Notices of the Royal Astronomical Society 359 (55): 865–873. Bibcode:2005MNRAS.359..865Y. doi:10.1111/j.1365-2966.2005.08921.x. 
  8. ^ del Sct – Variable star of delta Sct type”. SIMBAD Astronomical Object Database. Centre de Données astronomiques de Strasbourg. 2009年10月23日閲覧。
  9. ^ Campbell, W. W.; Wright, W. H. (1900). "A list of nine stars whose velocities in the line of sight are variable". Astrophysical Journal 12: 254–257. Bibcode:1900ApJ....12..254C. doi:10.1086/140765.  Listed as 2 Scuti on p. 256.
  10. ^ Colacevich, A. (August 1935). "On the variable radial velocity of δ Scuti". Publications of the Astronomical Society of the Pacific 47 (278): 231–232. Bibcode:1935PASP...47..231C. doi:10.1086/124599. 
  11. ^ Sterne, T. E. (March 1938). "The Secondary Variation of δ Scuti". Astrophysical Journal 87: 133–150. Bibcode:1938ApJ....87..133S. doi:10.1086/143913. 
  12. ^ Templeton, Matthew R. et al. (October 1997). "A New Pulsation Spectrum and Asteroseismology of delta Scuti". The Astronomical Journal 114: 1592–1601. Bibcode:1997AJ....114.1592T. doi:10.1086/118590. 
  13. ^ García-Sánchez, J. et al. (2001), “Stellar encounters with the solar system”, Astronomy and Astrophysics 379 (2): 634–659, Bibcode 2001A&A...379..634G, doi:10.1051/0004-6361:20011330 
  14. ^ Sky and Telescope, April 1998 (p60), based on computations from Hipparcos mission data.
  15. ^ Burnham, Robert (1978). Burnham's celestial handbook: an observer's guide to the universe beyond the solar system. 3. Courier Dover Publications. p. 1746. ISBN 0-486-23673-0. 
  16. ^ Wagman, M. (August 1987). "Flamsteed's Missing Stars". Journal for the History of Astronomy, Vol.18, NO. 3/AUG, P.209, 1987 18: 212. Bibcode:1987JHA....18..209W. 

外部リンク[編集]