ぎんさん四姉妹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ぎんさん四姉妹(ぎんさんよんしまい)あるいはぎんさんの娘四姉妹(ぎんさんのむすめ よんしまい)は、長寿の双子姉妹として知られたきんさんぎんさんの妹・蟹江ぎん(1892年明治25年)8月1日 - 2001年平成13年)2月28日)の娘四人。愛知県名古屋市南区出身で、2017年5月現在[1]も名古屋市内及び名古屋近郊に全員居住している。幼くして亡くなった次女(栄)を除く4人全員が90歳を超える長寿であり、2014年(平成26年)には長女(年子)が、2018年には千多代が、それぞれ満100歳を迎えた[2](四女・百合子は2017年に死去、五女・美根代は2018年に死去)。姉妹の全員が大正生まれ(大正世代)である。

「ぎんさんの娘」という話題性や彼女達の矍鑠(かくしゃく)さ、会話の歯切れの良さなどが注目を集め、2011年平成23年)ごろから、メディアに登場するようになっている[3][4]

四姉妹[編集]

矢野年子(やの としこ、長女、1914年大正3年)4月14日[5] - 107歳)
趣味は料理で、チャーハンが好物。
津田千多代(つだ ちたよ、三女、1918年(大正7年)10月21日[5] - 102歳)
口が達者で、毒舌と評判。
佐野百合子(さの ゆりこ、四女、1921年(大正10年)5月18日[5] - 2017年平成29年)4月[6]
趣味は、園芸、庭いじり。2017年4月死去。95歳没。
蟹江美根代(かにえ みねよ、五女、1923年(大正12年)10月1日[5] - 2018年(平成30年)12月17日[7]
四姉妹の中で唯一の自動車免許を所持しており、運転も上手と評判だった。晩年は娘の説得を受け、車の運転をせず、買い物などに自転車を利用していた。蟹江家は美根代の夫が婿養子となった。2018年12月17日直腸がんのため死去。95歳没。

出演番組[編集]

出演広告[編集]

  • ダスキン2018年1991年に母と伯母が起用された広告のリバイバルとして三女・千多代と五女・美根代が出演)[9]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

参考文献[編集]