かんざらしに恋して

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
長崎発地域ドラマ
かんざらしに恋して
荒井修子
演出 佐藤玲衣
出演者 貫地谷しほり
遠藤憲一
樫山文枝
長濱ねる欅坂46
和泉ちぬ
前野朋哉
宮﨑香蓮
田中がん
黄川田将也
音楽 木村秀彬
国・地域 日本の旗 日本
言語 日本語
製作
制作統括 山中賢一
撮影地 日本の旗 日本 長崎県島原市
製作 NHK長崎放送局
放送
放送チャンネル NHK BSプレミアム
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 2019年2月6日
放送時間 水曜 21:00 - 21:59
放送枠 地域発ドラマ
放送分 59分
回数 1
公式ウェブサイト
テンプレートを表示

かんざらしに恋して』(かんざらしにこいして)は、NHK長崎放送局制作による「長崎地域ドラマ」として、NHK BSプレミアム2019年2月6日の21時から21時59分に放送された日本テレビドラマ[1]長崎県島原市に「地域おこし協力隊」として雇われ東京からやって来たヒロインが、20年前に閉店した島原の伝統的な和菓子かんざらし」の名店を復活させるべく奮闘する姿を描く。荒井修子作、貫地谷しほり主演で、遠藤憲一、島原市出身の宮﨑香蓮長崎市出身の長濱ねる欅坂46)が共演した[2]東京ドラマアウォード2019ローカル・ドラマ賞受賞作[3]

地上波ではNHK総合(長崎県域)にて2019年9月13日に初放送[4]。さらに東京ドラマアウォード2019ローカル・ドラマ賞受賞[3]を受けてNHK総合にて2020年2月1日に全国放送され[5]、放送終了後よりNHKのドラマでは初の事例となるTVerでの無料配信が行われる[6]

あらすじ[編集]

東京から地域おこし協力隊として島原市に雇われた桐畑瑞樹は、島原の名物「かんざらし」の名店で20年前に閉店した「銀流」復活プロジェクトをまかされる。しかし担当課の職員・八田健一は愛想がいいが頼りにならず、肝心のかんざらしのレシピも不明。瑞樹は自己流でかんざらしを作り、「銀流」開店を迎える。店には長蛇の列ができ、復活プロジェクトは成功したに見えたが、自治会長の陣吉は「銀流の味ではない」「白玉が浮いていて、汁もゴクゴク飲めた」と文句をつける。瑞樹は試行錯誤を続けるが、白玉が浮くかんざらしが作れない。

瑞樹は八田の勧めで地元のラジオに出演するが、それをきっかけにSNSで炎上、役所にもクレームが相次ぐ。八田は別のプロジェクトの担当もさせられ、「銀流」に顔を出せなくなる。瑞樹は夫の公介に離婚届を置いて移住していたが、八田にばれ喧嘩になる。

瑞樹は以前店の前で出会った老女・小野寺千草を訪ねる。小野寺は銀流で働いたことがあり、息子の秋生は八田の同級生で雲仙普賢岳の火砕流で亡くなっていた。小野寺の教えで、瑞樹は銀流のかんざらしを再現、八田や頑固な陣吉を唸らせる。再び活気づく店に公介があらわれ、瑞樹は夫婦そろっての移住が叶う。

登場人物[編集]

桐畑瑞樹
演 - 貫地谷しほり
地域おこし協力隊員。東京出身。島原のかんざらしの名店「銀流」の復活を担当する。
本作のヒロイン。
八田健一
演 - 遠藤憲一
島原市のおもてなし課の職員。「銀流」担当。
小野寺千草
演 - 樫山文枝
「銀流」のかんざらしの秘密を知る人物。
保科舞香
演 - 長濱ねる欅坂46
「銀流」のアルバイトの店員。
酒井かつ子
演 - 和泉ちぬ
「銀流」の店員。
為永太郎
演 - 前野朋哉
島原市の最年少の市長。
松尾綾子
演 - 宮﨑香蓮
八田と同じ島原市のおもてなし課の職員。
陣吉じいさん
演 - 田中がん
「銀流」の地区の自治会長。
桐畑公介
演 - 黄川田将也
瑞樹の夫。

スタッフ[編集]

製作[編集]

モデルになった店[編集]

ドラマに登場する「銀流」のモデルになった店は、長崎県島原市に実在する名店「銀水」(長崎県島原市白土桃山2丁目1093[7])で[8]、店主の死去にともない1998年に閉店するものの惜しむ声の高まり受けて2016年8月に店を再開させた島原市の地域おこし協力隊員の実話を基に、荒井修子が脚本を執筆した[2][9]。 実際にロケ地としても使用され[2]、劇中に出てくる「かんざらし」も銀水のものを元にしている。

受賞歴[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]