かば田食品

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
株式会社かば田食品
Kabata co.ltd,
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
807-0856
福岡県北九州市八幡西区八枝5-4-52
設立 1979年昭和54年)8月10日
(創業:1921年大正10年))
業種 食料品
法人番号 1290801009755
事業内容 辛子明太子、塩干物、鮭、その他海産物の製造および販売
代表者 代表取締役社長 椛田稔幸
資本金 1,000万円
従業員数 400人
外部リンク http://www.ten-to-maru.co.jp/
テンプレートを表示

株式会社かば田食品(かばたしょくひん)は、福岡県北九州市八幡西区に本社を置く、辛子明太子などを製造・販売する企業である。

概要[編集]

北九州市周辺ではシェアの高い明太子製造・販売企業である。キャッチフレーズは「味にてん、心にまる」。もともとは北九州地区中心の店舗展開だったが、現在は福岡市山口県佐賀県大分県首都圏東京都神奈川県)に直営店計49店舗(2012年10月現在)を展開している。

沿革[編集]

  • 漬物製造卸売業・椛田商店(創業1921年)より独立し、個人商店を創業。
  • 1962年昭和37年)4月 - 黒崎中央市場(八幡西区熊手)熊手店(閉店)オープン。
  • 1975年(昭和50年)4月 - ユニード朝日ヶ丘店(閉店・現在はサンリブ朝日ヶ丘店)に、朝日ヶ丘店オープン。
  • 1979年(昭和54年)8月 - 有限会社かば田食品(資本金300万円、北九州市八幡西区熊手1-2-9)設立。同年10月、メイト黒崎専門店街にメイト黒崎店オープン。以後、直営店舗の店舗展開をはじめる。
  • 1985年(昭和60年)1月 - 北九州市八幡西区本城に本社屋及び工場新設。同年12月、資本金900万円に増資。
  • 1988年(昭和63年)10月 - 本社社屋隣接地に新工場新設。
  • 1989年平成元年) - CI導入、シンボルマーク変更。
  • 1994年(平成6年)5月 - 資本金1000万円に増資、同年7月、株式会社に組織変更。
  • 2003年(平成15年)4月 - 本社を現在地に移転、かば田本店オープン。
  • 2007年(平成19年)1月 - スタンダード&プアーズ日本SME格付けaa取得。同年6月、北九州市八幡西区陣原に工場新設。

明太子の特徴[編集]

前身が漬物製造者であったため、昆布のだしで味付けする「昆布漬」にこだわっている。かば田の明太子は出汁が効いていることが特徴である。

CM・広告[編集]

テレビ・ラジオのCMを中心に大規模な宣伝活動を行なっている。テレビCMは皿を顔に、「てん(、)と まる(。)」を目に、明太子を唇に見立てたものが有名である。CMの曲は2曲、いとしのクレメンタイン替え歌七つの子の替え歌。

お中元お歳暮の時期は、「贈って嬉しいかば田のめんたい、もらって嬉しいかば田のめんたい」というCMが流れる。

また、福岡ソフトバンクホークスギラヴァンツ北九州や地元の祭り(わっしょい百万夏まつり)などに協賛している。

販売方法[編集]

もともとは直営店のみの販売であったが、福岡市の土産物店(博多駅福岡空港の売店など)でも販売されるようになった。

外部リンク[編集]