いつも上天気

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
いつも上天気
It's Always Fair Weather
監督 ジーン・ケリー
スタンリー・ドーネン
原作 アドルフ・グリーン
ベティ・コムデン
製作 アーサー・フリード
出演者 ジーン・ケリー
マイケル・キッド
ダン・デイリー
音楽 アンドレ・プレヴィン
撮影 ロバート・ブロナー
編集 アドリアン・フェイザン
製作会社 MGM
配給 MGM
公開 アメリカ合衆国の旗 1955年9月2日
日本の旗 1955年11月4日
上映時間 102分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $2,771,000[1]
興行収入 $2,374,000[1][2]
前作 踊る大紐育
テンプレートを表示

いつも上天気』(いつもじょうてんき、It's Always Fair Weather)は1955年のアメリカ合衆国ミュージカル映画である。

概要[編集]

当初は、1949年に公開された『踊る大紐育』の続編として構想されていた。しかし、MGM製作部門のチーフだったドア・シャリーが前作に出演したフランク・シナトラジュールス・マンシンの起用に難色を示した[3]ため、3人の水兵を兵隊に設定変更、ジーン・ケリーが主人公なのはそのままに、シナトラ、マンシンに当たる役は、それぞれマイケル・キッドダン・デイリーが演じた。そして、前作の3人娘の代わりにシド・チャリシードロレス・グレイが出演している。

当時すでにMGMミュージカルの黄金期は過ぎていたこともあり、前作ほどの評判は及ばなかったが、ダンスシーンの多くが後にオムニバス『ザッツ・エンターテインメント』で取り上げられるなど、映画の出来そのものは前作に見劣りしない。

ケリーがローラースケートを履いてニューヨークで唄い踊るシーンは特に有名で、『レオン』では主演のジャン・レノ名画座でそのくだりを見ているシーンが登場する。

2019年現在、日本国内でのDVDBDの発売は行われていない。

ストーリー[編集]

第二次世界大戦後、除隊したテッド、ダグ、アンジーの3人の兵隊が帰還船の着港したニューヨークにあるティム親爺の酒場で10年後の再会を誓って別れた。そして10年後の1955年、テッドはボクシング選手キッドのマネージャーとなり、ダグはテレビ局の重役に、アンジーは小さいハンバーガー屋の亭主になっていた。それぞれの人生の歩み方はあまりに違っており、3人は再会したもののお互いどこかしっくりこなかった。その後3人で行ったレストランでテッドはジャッキーという女性と知り合い、彼女が演出する人気テレビ番組「真夜中のマデリン」のリハーサルを見に行くことに。そこで、彼女は自身の担当するコーナーがぱっとしないため、彼ら3人を番組に出演させようといろいろ作戦を立てる。ダグは会社の上役に掴えられ、、ジャッキーはテッドを、番組の出演者であるマデリンはアンジーをそれぞれ放さないことになった。そしていよいよ番組が始まる。と同時に、過去のボクシング試合のもつれから、テッドを追って来たチャーリーとその一味が乱入したので番組は大乱闘へ。そこで3人は昔の戦友時代に帰ってチャーリーらを全員倒してしまった。そして3人には友情が戻り、テッドはジャッキーと結ばれ、最後はお互い帰路につくのだった。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
テッド ジーン・ケリー 羽佐間道夫
ダグ ダン・デイリー 川久保潔
アンジー マイケル・キッド 加茂嘉久
ジャッキー シド・チャリシー 此島愛子
マデリン ドロレス・グレイ 駒村クリ子
フィールディング ポール・マクシー 塩見竜介

スタッフ[編集]

日本語版[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b The Eddie Mannix Ledger, Los Angeles: Margaret Herrick Library, Center for Motion Picture Study .
  2. ^ See also 'The Top Box-Office Hits of 1955', Variety Weekly, January 25, 1956
  3. ^ 前者は評判が悪かったため、後者はもはや観客に人気がなかったためとされる。

外部リンク[編集]