いこらもーる泉佐野

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
いこらも〜る泉佐野
IcoraMall Izumisano
いこらも〜る泉佐野
いこらも〜る泉佐野
地図
店舗概要
所在地 598-0062
大阪府泉佐野市下瓦屋二丁目2番77号
座標 北緯34度25分20.2秒 東経135度19分37.6秒 / 北緯34.422278度 東経135.327111度 / 34.422278; 135.327111座標: 北緯34度25分20.2秒 東経135度19分37.6秒 / 北緯34.422278度 東経135.327111度 / 34.422278; 135.327111
開業日 2000年3月2日[1]
正式名称 いこらも〜る泉佐野
施設所有者 東京製綱株式会社[2]
施設管理者 株式会社ザイマックス関西
商業施設面積 33,805 m²
中核店舗 コープいこらも〜る泉佐野店
営業時間 10:00 - 21:00(一部22:00)
駐車台数 2000台
前身 東京製綱泉佐野工場

ショッパーズモール泉佐野
ダイエーグルメシティ
最寄駅 南海電気鉄道 井原里駅
最寄IC 阪神高速4号湾岸線 泉佐野北出入口
外部リンク いこらも〜る泉佐野
いこらも〜る泉佐野
情報
旧名称 ショッパーズモール泉佐野
用途 店舗
設計者 ヘルムース・オバタ・カッサバウム
清水建設一級建築士事務所[3]
建築主 中央三井信託銀行ダイエー
構造形式 鉄骨構造
延床面積 34,427 m²
階数 地上5階、塔屋2階
エレベーター数 5機(本館3機、立体駐車場2機)
駐車台数 2000台
竣工 2000年3月
備考 第8回大阪・心ふれあうまちづくり賞(大阪府知事賞)受賞作品
テンプレートを表示

いこらも〜る泉佐野(いこらも〜るいずみさの)は、大阪府泉佐野市下瓦屋二丁目にある大型ショッピングモールである。

かつてはショッパーズモール泉佐野(ショッパーズモールいずみさの)という名称であった。府道63号線(旧26号線)沿線に存在する。

ダイエー所有時代[編集]

東京製綱泉佐野工場跡地にダイエーが出店を表明し、大型商業施設が建設されることとなった。

2000年3月2日にオープン。日本初のサーキットモール型の店舗である。店番号は0715。なお、ダイエーが2004年から産業再生機構の下で経営再建する前の、最後の大型ショッピングモールの出店ともなった。

経営再建中であったダイエーは2005年2月に全国の53の店舗を閉店することを発表、その中にはショッパーズモール泉佐野や近江八幡店など、主力の店舗も含まれていた。その後、2005年9月29日に発表された記者会見で、再生計画で閉店予定だったショッパーズモール泉佐野はリストアップされていた11店舗とともに業績回復が見込まれると判断され、閉店は免れた[4]

その後、2006年に株式会社ザイマックスに譲渡され、当ショッピングモールに入居していたダイエー泉佐野店は2006年10月1日付けでグルメシティに転換された。店自体の撤退ではなく食品・日用品・服飾雑貨は継続して取り扱うものの、衣料品の取り扱いからは撤退した。店舗面積も約16300m2から3500m2に大幅縮小された。2006年の年間売上目標は26億円[5]

ザイマックス所有時代[編集]

ダイエーから建物の所有権と管理権を譲り受けたザイマックスは、子会社の株式会社ザイマックスプロパティズ関西に運営を委託し営業を開始。

2014年5月には、中核テナントであったグルメシティが閉鎖、同年6月にはショッパーズモール泉佐野から公募で決められた「いこらも〜る泉佐野」に名称変更された。

フロア構成[編集]

フロア概要
3階 駐車場・専門店
2階 専門店
1階 専門店

主なテナント[編集]

沿革[編集]

  • 2000年3月2日 - ショッパーズモール泉佐野開業。
  • 2006年2月28日 - ショッパーズ泉佐野を所有していたダイエーが、株式会社ザイマックスに管理・所有権を譲渡。譲渡とともにダイエー泉佐野店閉店。
  • 2006年3月11日 - グルメシティ泉佐野店が出店。
  • 2014年5月6日 - グルメシティ泉佐野店が撤退。
  • 2014年6月1日 - 名称を「いこらも〜る泉佐野」に改名。(名称は2014年3月15日から4月6日に店内投票のうえ決定)
  • 2014年11月21日 - グルメシティ泉佐野店の跡地を改装し、コープいこらも〜る泉佐野店がオープン。

アクセス[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ショッパーズモール泉佐野のオープンについて 株式会社ダイエー ニュースリリース
  2. ^ 平成24年度大規模小売店舗立地法法第6条第2項(変更)届出の概要【2012年10月末】 - 経済産業省 2012年12月11日閲覧
  3. ^ 清水建設実績紹介
  4. ^ “ダイエー新たに15店閉鎖 - 四国は完全撤退”. SHIKOKU NEWS (四国新聞社). (2005年9月30日). オリジナル2014年11月3日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20141103073455/http://www.shikoku-np.co.jp/kagawa_news/economy/20050930000093 
  5. ^ 日経流通新聞 2006年3月10日 ダイエー 大阪・泉佐野店、SMに GMSから転換 不動産会社が施設継承

外部リンク[編集]