いがまんじゅう

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
いが饅頭は埼玉県北部に縁起物として伝わる。

いが饅頭(いがまんじゅう)は、埼玉県県北地域に伝わる和菓子である[1][2]饅頭の周りに赤飯をまぶした姿が特徴で、農林水産省主催の郷土料理百選に選ばれている[3]

概要[編集]

いが饅頭(半分に切った状態)。

いが饅頭は、埼玉県川里町(現・鴻巣市)や加須市羽生市久喜市など県北地域の穀倉地帯に伝わる和菓子である[1][3]こしあん饅頭の周りに赤飯がまぶしてあり[4]、赤飯をまぶした姿がのイガのように見えることから名付けられたと言われている[2][3][5]

もともと菓子店が商業目的で生産したものではなく、県北地域の農村で夏のハレの日などに贈答用に自製されたもので[2]、由来については「ある農家の嫁が舅から饅頭を、姑から赤飯を作るように言われ、手間を省くため同時に蒸したところ、饅頭と赤飯が合わさったものが出来上がった」という説[2][4]、「餅米が貴重だったためボリューム感を出すために考え出された」という説[1][4]、「饅頭と赤飯を同時に食べたいため考え出された」という説[5]などがある。それぞれの家庭で作られた、いが饅頭は田植え後の農上がり、夏祭り稲刈りの時期に重箱に詰めて親戚や知人に配られていたが[2]1990年代頃から農家で自製される機会は減少している[2]。一方、菓子職人に取り上げられ製法を改良するなどして商品化され、県北地域特有の珍しい土産物として定着している[2]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 東部 加須市”. ごちそう埼玉. 2014年4月24日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g 『埼玉の和菓子(埼玉県民俗工芸調査報告書)第13集』 埼玉県立民俗文化センター1999年、34頁。
  3. ^ a b c 家庭で味わう郷土料理 埼玉県の郷土料理 いが饅頭”. 一般財団法人 農村開発企画委員会. 2015年2月28日閲覧。
  4. ^ a b c 第76回 埼玉県ご当地グルメ(その1)いがまんじゅうは、いががですか〜”. 日本経済新聞. 2014年4月24日閲覧。
  5. ^ a b 『彩の国ふるさとの味101選 ふるさとの味伝承士の技術を活かして』 埼玉県農林部農業経営課、2003年、78頁。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]