あなたがいてこそ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
あなたがいてこそ
Maryada Ramanna
Shivasri Kanchi with Cousins.jpg
ラミニドゥ邸の撮影セットでのラージャマウリ、ナジニードゥと主要スタッフ
監督 S・S・ラージャマウリ
脚本 S・S・ラージャマウリ
原案 S・S・カンチ
原作荒武者キートン英語版
製作 ショーブ・ヤーララガッダ
プラサード・デーヴィネーニ英語版
出演者 スニール
サローニ・アスワーニー
ナジニードゥ英語版
スプリート英語版
音楽 M・M・キーラヴァーニ
撮影 ラーム・プラサード英語版
編集 コータギリ・ヴェンカテーシュワラ・ラオ英語版
製作会社 アルカ・メディアワークス
配給 インドの旗 アルカ・メディアワークス
日本の旗 太秦
公開 インドの旗 2010年7月23日
日本の旗 2014年7月26日
上映時間 125分
製作国 インドの旗 インド
言語 テルグ語
興行収入 ₹300,000,000[1]
テンプレートを表示

あなたがいてこそ』(原題:Maryada Ramanna)は、2010年に公開されたインドテルグ語アクションコメディ映画S・S・ラージャマウリが監督を務め、スニールサローニ・アスワーニーが主演を務めた[2]。1923年公開の『荒武者キートン英語版』を原作としている。スニールにとっては2作目の主演作であり[3]、映画は批評家から高い評価を得ている[4][5]

映画の好評を受け、タミル語映画(『Vallavanukku Pullum Aayudham』)、マラヤーラム語映画(『Ivan Maryadaraman』)、ベンガル語映画英語版(『Faande Poriya Boga Kaande Re』)、カンナダ語映画(『Maryade Ramanna』)、ヒンディー語映画(『ターバン魂英語版』)でリメイクされている。

あらすじ[編集]

アーンドラ・プラデーシュ州ラヤラシーマ英語版の2つの家は抗争の末にラガワ・ラオとラミニドゥが一騎打ちをして命を落とし、ラミニドゥの兄はラオ家への復讐を誓う。一方、ラガワ・ラオの息子ラームは母に連れられ村を去りハイデラバードに移り住み、抗争のことを知らずに成長する。

28年後、ラームは配達業の仕事に就いていたが、愛車のオンボロ自転車が原因で仕事をクビになってしまう。そこに故郷から手紙が届き、父の遺した広大な土地を相続したことを知る。ラームは土地を売却することに決め故郷に戻るが、乗り込んだ列車で画家を目指す女性アパルナに出会い、互いに好意を抱くようになる。村に到着したラームは有力者のラミニドゥの屋敷を訪れて土地売却の協力を依頼し、ラミニドゥは彼を歓迎する。屋敷でラームはアパルナと再会し、彼女がラミニドゥの娘であることを知る。一方、ラームの素性を知ったラミニドゥ家の人々は彼を殺そうとするが、ラミニドゥは屋敷内での殺害を禁じ、彼を屋敷の外に追い出してから殺すように指示する。

ラミニドゥ家が父の抗争相手だと知ったラームは、殺されるのを防ぐため様々な理由を付けて屋敷に留まり続けるが、限界に達したため屋敷を脱出する。アパルナの助けを借りて逃げ出すことに成功するが、途中でラミニドゥ家の人々に追い付かれてしまう。アパルナはラームを助けようと父を説得し、ラームもラミニドゥ家の人々に立ち向かうが、彼らは聞く耳を持たずラームを殺そうとする。アパルナは橋の上から飛び降り、ラームは驚くラミニドゥ家の人々を尻目に、彼女を助けるため橋から飛び降り彼女を救う。ラミニドゥは危険を顧みずに娘を助けようとしたことでラームへの復讐を止め、ラームはアパルナと結ばれる。

キャスト[編集]

製作[編集]

S・S・ラージャマウリは製作について、「私は『マガディーラ 勇者転生』の撮影中に『あなたがいてこそ』の製作を決めました。それは、『マガディーラ 勇者転生』が1年半という期間をかけて作られ、肉体的・精神的な緊張を強いられたプロジェクトだったからです。私は『マガディーラ 勇者転生』の直後に、再び肉体的疲労に陥るような映画は作りたくありませんでした。『あなたがいてこそ』は、別の大きなプロジェクトを考え出すためのバッテリーを充電する時間を与えてくれました」と語っており、『マガディーラ 勇者転生』の興行的成功により高まった観客からの期待を最小限に抑えるため、公開前に映画のプロットを明かしている[6]

評価[編集]

興行収入[編集]

アメリカ合衆国では公開初週に15万ドルの興行収入を記録した[7]インドでは公開7日間で1億580万ルピーの興行収入を記録しており[8]、最終的な興行収入は3億ルピーを記録し、2010年のテルグ語映画年間興行収入ランキング第4位となった[1]

批評[編集]

CNN-IBN英語版の批評家ラグ・チャイタニアは、「クライマックスで監督が選択した感情と愛の陳腐な方針は、恐らく映画全体における唯一の欠点です。スニールは金を手に入れるために故郷に戻った潔白な男として、完全にフィットしている。サローニはスニールに惚れる女性を演じたが、これは彼女にとって非常に素晴らしい役です。敵役一家の家長を演じたナジニードゥはとても印象的であり、アパルナの従兄弟を演じたブラフマージも良い仕事をした。S・S・ラージャマウリは、莫大な予算と大スターがいなくても良い映画を作れることを示した勝者です」と批評している[9]ザ・タイムズ・オブ・インディアは二つ星半を与え、「『Andala Ramudu』以来数年振りに主役として戻ってきたコメディアンのスニールは、喜劇的な叫び声と控えめなパフォーマンスを披露する。しかし、綿密に作られた撮影セット、素晴らしい撮影技法、M・M・キーラヴァーニの甘美な曲は、この喜劇的な悪ふざけを別の飛行機に乗せていった」と批評した[10]

Sifyは、「スニールはコメディ・ヒーローのようには見えない。スニールのダンスは実に素晴らしく、サローニは美しく、自然にセックスアピールしている。彼女の才能が3年間もラージャマウリに発掘されなかったことは、実に不運だった。彼女は映画で完璧な働きをした。『あなたがいてこそ』は楽しさとスリル、不安の混ざった映画です」と批評した[11]Rediff.comは三つ星を与え、「『あなたがいてこそ』は完璧に楽しい。勝利はラージャマウリの手の中にある。スニールは観客を魅了し、サローニは可愛らしく映り、しかも説得力がある。ナジニードゥの役は輝いている。ブラフマージやアヌージ・グルワラ、ラオ・ラメシュなど良い仕事をする俳優も多くいる」と批評している[12]

受賞[編集]

ナンディ賞[13]

出典[編集]

  1. ^ a b Top Ten Telugu Films of the year”. Sify. 2018年6月4日閲覧。
  2. ^ Saloni, Sunil in Maryada Ramanna”. Sify. 2018年6月4日閲覧。
  3. ^ Maryada Ramanna film launch”. idlebrain. 2009年6月5日閲覧。
  4. ^ “I am basking in the success of Maryada Ramanna, says director”. Chennai, India: The Hindu. (2010年7月29日). http://www.thehindu.com/news/cities/Vijayawada/article539961.ece 2010年7月29日閲覧。 
  5. ^ Tollywood loves Maryada Ramanna”. Sify. 2010年7月29日閲覧。
  6. ^ Interview with SS Rajamouli”. Idlebrain.com (2010年7月20日). 2014年11月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年11月14日閲覧。
  7. ^ Maryada Ramanna collects 1 crore rupees share in 1st weekend in USA”. 2018年6月4日閲覧。
  8. ^ Maryada Ramanna collects 10.58 crores share (after tax) in 1-week in India”. 2018年6月4日閲覧。
  9. ^ 'Maryada Ramanna' emerges a winner”. IbnLive. 2010年7月28日閲覧。
  10. ^ “Movie Review-Maryada Ramanna”. Times of India. http://timesofindia.indiatimes.com/entertainment/regional/telugu/movie-reviews/Maryada-Ramanna/movie-review/6210914.cms 2010年7月24日閲覧。 
  11. ^ Maryada Ramanna”. Sify. 2018年6月4日閲覧。
  12. ^ Maryada Ramanna is fun”. Rediff. 2010年7月23日閲覧。
  13. ^ “Creativity to the fore in low budget films”. The Times of India. (2011年8月6日). http://articles.timesofindia.indiatimes.com/2011-08-06/hyderabad/29858062_1_feature-film-film-on-national-integration-music-director-award 2011年8月6日閲覧。 

外部リンク[編集]