Wikipedia:報道

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ここでは、日本語でのウィキペディアに関する報道記事を紹介します(掲示板や個人のウェブ日記(Weblog)類は、リンクしないで下さい)。なにか新しい報道を見つけたら、リンクしてください。そのときは記事のタイトルとその情報源を明記することをお忘れなく。

受賞の記録はWikipedia:受賞にあります。

以前の報道[編集]

テンプレート内の年別のリンクを参照。

2013年[編集]

このページはウィキペディアについて日本語で報道された記事やページについての2013年アーカイブです。

1月[編集]
2月[編集]
  • 2月18日 - スラッシュドットジャパン「小惑星に「Wikipedia」と名付けられる」[5]
  • 2月19日 - ASCII.jp「毎月5億人が訪れるウィキペディアの舞台裏」[6]
3月[編集]
4月[編集]
5月[編集]
  • 5月13日 - GIGAZINE「Wikipediaの修正がどこから行われているかが地図で見てわかる「Wikipedia Recent Changes Map」[14]
  • 5月22日 - ねとらぼ「中国&英語版Wikipediaの「Hentai(変態)」ページが圧倒的すぎると話題に」[15]
6月[編集]
  • 6月11日 - J-CAST「日本人を殺す」重傷者を出した「生野区連続通り魔事件」 ウィキペディアから記事が突然削除されネットで騒ぎに [16]
  • 6月11日 - TechCrunch「Apple、新SiriのTwitter、Wikipedia、Bingとの統合を発表。新コマンドおよび男女双方の音声も用意」[17]
7月[編集]
  • 7月3日 - 二子玉川経済新聞「二子玉川を「ウィキペディア・タウン」に-駒沢給水塔など、地元保存会らと連携」[18]
8月[編集]
9月[編集]
10月[編集]
  • 10月23日 - GIGAZINE「Wikipediaを悩ませる「なりすまし投稿」とその黒幕ステマ会社「Wiki-PR」社とは?」[19]
11月[編集]
  • 11月13日 - Business Journal「ステマビジネス横行で揺らぐネットの信頼性〜Wikiも被害、サムスンの逆ステマ発覚」[20]
  • 11月18日 - ガジェット通信「『Wikipedia』最長ページは日本のゲーム登場人物一覧だった! うんざりするほど長い!」[21]
  • 11月27日 - WIRED JAPAN「Wikipediaが岐路に立っている?」[22]
12月[編集]
  • 12月25日 - ASCII.jp「Webブランド調査にも表れたウィキペディアの落ち目」[23]
  • 12月26日 - スラッシュドットジャパン「Wikipediaをソースに調べた、「人類に影響を与えた人物」トップ10」[24]


2014年[編集]

このページはウィキペディアについて日本語で報道された記事やページについての2014年アーカイブです。

1月[編集]
  • 1月14日 - ASCII.jp「ウィキペディアは衰退しているのか、いないのか」[25]
  • 1月15日 - ASCII.jp「ウィキペディアの求人パンフ「Editing Wikipedia」とは」[26]
  • 1月15日 - J-CAST「AKB48梅田彩佳 Aカップ否定!「寄せて寄せて頑張るとBになるんですよ」ウィキペディア直後に訂正 <アッコにおまかせ!>(TBS系)」[27]
  • 1月28日 - ITmedia「Wikipedia、著名人ページに“本人の声追加”プロジェクト「WikiVIP」始動」[28]
2月[編集]
  • 2月9日 - スラッシュドットジャパン「Wikipediaの「寄付のお願い」メッセージ、フィンランドでは違法?」[29]
  • 2月17日 - 二子多摩川経済新聞「二子玉川でも「オープンデータデー」-瀬田四丁目広場などウィキペディアに」 [30]
  • 2月21日 - GIGAZINE「Wikipediaはいかに改竄・ねつ造など荒らし行為を駆逐し続けてきたのか?」[31]
  • 2月24日 - GIGAZINE「Wikipediaが政治家によって訴えられた編集者を法的に支援すると発表」[32]
  • 2月28日 - ねとらぼ「Wikipediaをステマビジネスから守れ! 利用規約改定に向けた意見を募集」[33]
3月[編集]
  • 3月4日 - J-CAST「松浦雅がウィキペディア情報否定「母親は『学校の教員』ではなく『塾講師』」 [34]
  • 3月28日 - J-CAST「日本の萌え文化の影響力は凄い 美人過ぎる検事総長「萌えイラスト」、世界各国の「Wikipedia」に登場」[35]
4月[編集]
  • 4月2日 - マイナビニュース「MariaDB 10登場 - Google/Wikipediaら、採用相次ぐ」[36]
5月[編集]
6月[編集]
  • 6月11日 - WIRED JAPAN「Wikipediaの病気についてのページは、90%が間違い:米医師調べ」 [37]
  • 6月16日 - GIZMODE「Wikipediaに聞く、「最も影響力のある人物」とは」 [38]
  • 6月18日 - GIGAZINE「Wikipediaの規約が更新されステマを明確に禁止する条項が新たに追加」[39]
7月[編集]
8月[編集]
9月[編集]
10月[編集]
11月[編集]
12月[編集]