Virtual Storage Access Method

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

Virtual Storage Access Method ( VSAM、ぶいさむ、仮想記憶アクセス方式) は、オペレーティングシステム OS/VS2 で初めて使われ、後に MVS 、z/OSで使われ続けている IBM が提案したディスクファイルストレージの方式 (ファイル編成法) である。

VSAMは当初からトランザクショナルファイルとしてメインフレームのデフォルトの Resource Manager(RM)を構成していた。IBMメインフレームでは Transaction Manager(TM)さえ付加すれば VSAM でトランザクション処理が可能だった。そのためにz/OSは非常に高価なライセンス料だった。IBMは2002年にz/OSの低価格版z/OS.eをリリースするに当たって、わざわざUNIX系OSと同じように、TMとしてCICS、IMSを RMとして直接にVSAMを利用できない仕様を作った。

VSAM は、次のアクセス方式を含む:

VSAM のレコードには、固定長も可変長も含むことができる。レコードは、コントロール・インターバル ( CI ) と呼ばれる固定長のブロックに編成され、コントロール・インターバルはコントロール・エリア ( CA ) と呼ぶより大きな区切りに格納される。コントロール・インターバル ( CI ) のサイズは、たとえば 4K, 4096 などとバイトで測られ、コントロール・エリア ( CA ) のサイズはトラック数やシリンダー数といったディスク ( DASD ) の容量の単位で測られる。

VSAM データセットの 削除と定義 ( delete and define, DELDEF ) には、IDCAMS というプログラムが使われる(IBM メインフレーム ユーティリティプログラム参照)。(ユーザが作成した)アプリケーションプログラムからのアクセスは、JCL の DD文に指定するか、あるいは CICS ( Customer Information Control Systems ) のオンライン・リージョンなどを通して行う。

IMS/DB と(IBMのメインフレームで扱う)DB2のDB はどちらも VSAM の上に実装され、そのデータ構造を用いる。

外部リンク[編集]


関連著作[編集]

関連項目[編集]