SIG SAUER P250

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
SIG SAUER P250DC
SIG Sauer P250 9mm.jpg
SIG SAUER P250DC
概要
種類 自動拳銃
製造国 ドイツの旗 ドイツ
設計・製造 SIG SAUER
性能
口径 9mm、.40、.357、.45
銃身長 119.4mm(フルサイズ)
使用弾薬 9x19mmパラベラム弾
.40S&W弾
.357SIG弾
.45ACP弾
装弾数 17+1発(9mmパラベラム弾)
作動方式 ショートリコイル
ダブルアクション
全長 203.2mm
重量 828g

SIG SAUER P250とは、ドイツシグザウエル&ゾーンが開発した自動拳銃である。

概要[編集]

同銃は2001年から開発が始まった公用向け拳銃であり、初めて発表されたのはドイツニュルンベルク2004年に行われたIWA(拳銃専門展示会)である。 SIG PROシリーズに引き続き、ポリマーフレームが採用されている。 また、フルサイズ・コンパクト・サブコンパクトの3サイズが存在する。当初は9mmパラベラムのみだったらしいが、のちに.40S&W、.357SIG、.45ACPの3口径が追加された。

特徴[編集]

P250最大の特徴は、現在までのシグ・ザウエル社の看板拳銃であるP220P226・P228P230シリーズの象徴であったデコッキングレバーが廃止されている点である。 これにより、同銃は完全なダブルアクション拳銃となった。(システム名称もDAKではなくDAOとなった)

他に特筆すべき点として、わずか40程度という部品数の少なさと、高度なモジュラー・システムの採用がある。これにより、コストダウンおよびカスタムの容易化、軽量化等が実現している。(コンパクトサイズ・マガジン抜きで比べた場合、アルミフレームのP229より約155g、ポリマーフレームのSP2022より約70g軽い)

同銃のモジュラー・システムでは、インナーシャーシ(ハンマー・ユニット、トリガー・ユニット、スライドレールなどが一組になった部品)を中心に、バレル、スライド、グリップ一体型ポリマーフレーム、マガジンなどを簡単に組み替えることができる。

その他、両側に存在するスライドストップ、左右差し替え可能なマガジンキャッチなど、左利き射手による使い勝手の向上が図られている。

アメリカでは法律上、通常シリアルナンバーが刻印されるフレームが銃本体と見なされ、購入時に登録費の名目で200ドルが課税されるが、P250では、

  • インナーシャーシとポリマーフレームを容易に分離可能にし、別々のパーツとして扱う
  • 公式にはインナーシャーシを「フレーム」、ポリマーフレームを「グリップ・モジュール」と呼称する
  • シリアルナンバーをインナーシャーシ側面に直接刻印し、ポリマーフレームに空けられた穴を通して外から確認できるようにする

などの対策を取ることで、組み換え時に複数回の課税を受けることを回避している。


採用国[編集]

登場作品[編集]

主人公ロイ・ミラーが、シルバースライドのコンパクトを使用。前半のカーチェイスでは赤のレーザーサイトを装着し、敵の車の燃料タンクを狙い撃った。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]