SIG SAUER P230

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
SIG SAUER P230
Sig Sauer P230 SL Right.jpg
P230SL
概要
種類 自動拳銃
製造国 スイスの旗 スイス
ドイツの旗 ドイツ
設計・製造 SIG
ザウエル&ゾーン
性能
口径 .32口径(7.65mm)、.38口径(9mm)
銃身長 91mm
使用弾薬 .32ACP弾(7.65mm×17)
.380ACP弾(9mm×17)
9mmポリス弾(9mm×18)
装弾数 8+1発(.32ACP弾)
7+1発(.380ACP弾、9mmポリス弾)
作動方式 シングルアクション/ダブルアクション
ストレートブローバック
全長 169mm
重量 500g
有効射程 50m

SIG SAUER P230は、スイスのSIG SAUER(シグ・ザウエル)社が製造している自動拳銃である。

概要[編集]

P230は警察用拳銃として1977年に開発された。西ドイツ各州警察では第二次世界大戦後、当時の9mmパラベラム弾を使用する拳銃が携帯性に優れていなかったために採用せず、主に.32ACP仕様のワルサーPPやPPKを採用していたが、1970年代に活発化したドイツ赤軍等の極左組織に対抗するためにより強力な新型拳銃を求めており、新型拳銃のトライアルにP230も候補の一つとして提出された。

結果的に西ドイツ各州の警察は、9mmパラベラム弾の使用に踏み切り、P230は選定から外れている。このトライアルではSIG SAUER P225(P6)ワルサーP5H&K P7が選定され、各州の判断で選択する事になった。

バリエーション[編集]

P230JP[1]

日本警察が正式採用している。.380ACP弾ではなく、.32ACP弾仕様であり、装弾数は8+1発。
引き金と撃鉄をロックするマニュアルセフティや、紛失盗難防止用のランヤードを装着する為のランヤードリングが追加されている。このマニュアルセーフティは撃鉄が下りた状態でのみ作動し、手動でセーフティーを解除するか、撃鉄を起こすことによって解除される。
自衛隊9mm拳銃のようなライセンス生産ではなく、SIG社が製造、日本に輸出している。
基本はSP機動捜査隊銃器対策部隊に支給(貸与)されているようだが、制服警官や私服警官の一部にも支給されている。公式発表における日本での採用年度は1995年頃とされている。

P232

1996年に更新された最新モデルである。
リアサイトの形状が変更、スライドのセレーションの目が粗くなり、グリップも変更された。撃針にオートセーフティを備えている。P232にもステンレス製のSLが存在する。

登場作品[編集]

注釈[編集]

  1. ^ P230JPという呼称は日本国内での独自呼称の可能性が高いが、メーカー側でも他のモデルと識別するためにあえてこの呼称を使っている可能性がある。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]