P.S. アイラヴユー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

P.S. アイラヴユー』(PS, I Love You)は、アイルランド出身の女性作家セシリア・アハーンのデビュー作となる2004年出版の小説、及びそれを原作とした2007年公開のアメリカ映画(映画の原題は『P.S. I Love You』となっている)。

あらすじ[編集]

日本語訳[編集]

『P.S.アイラヴユー』林真理子訳、小学館文庫ISBN 409408293X、2008年8月6日発売

映画[編集]

P.S. アイラヴユー
P.S. I Love You
監督 リチャード・ラグラヴェネーズ
脚本 リチャード・ラグラヴェネーズ
スティーヴン・ロジャース
原作 セシリア・アハーン
製作 ウェンディ・フィネルマン
ブロデリック・ジョンソン
アンドリュー・A・コソーヴ
モリー・スミス
製作総指揮 ジョン・H・スターク
リサ・ズパン
ジェームズ・ホランド
ドナルド・A・スター
ダニエル・J・B・テイラー
出演者 ヒラリー・スワンク
ジェラルド・バトラー
音楽 ジョン・パウエル
主題歌 ジェームス・ブラント
「Same Mistake」
撮影 テリー・ステイシー
編集 デヴィッド・モリッツ
製作会社 サミット・エンターテインメント
アルコン・エンターテインメント
グロブナー・パーク・プロダクションズ
ウェンディ・フィネルマン・プロダクションズ
配給 アメリカ合衆国の旗 ワーナー・ブラザーズ
日本の旗 ムービー・アイ/東宝東和
公開 アメリカ合衆国の旗 2007年12月21日
日本の旗 2008年10月18日
上映時間 126分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $30,000,000[1]
興行収入 アメリカ合衆国の旗カナダの旗 $53,695,808[1]
世界の旗 $156,835,339[1]
テンプレートを表示

アメリカでは2007年12月21日にワーナー・ブラザーズ配給で公開。日本では2008年10月18日にムービー・アイ/東宝東和配給で公開。

ストーリー[編集]

アメリカはニューヨークマンハッタンに住むホリーは、最近最愛の夫ジェリーを脳腫瘍で亡くした。友人や家族たちはホリーを元気付けようとするが、ホリーはどうしてもジェリーとの日々を忘れられない。そんなとき、ホリーの30歳の誕生日に、亡き夫から消印のない手紙が届く。それが夫からのメッセージの始まりで、それからホリーのもとにプレゼントやアドバイスが次々に届けられていく。少しずつ元気を取り戻してきたホリーは、手紙に導かれるまま亡き夫と出会った彼の故郷であるアイルランドへ旅立つ。やがて最後の手紙を受け取るとともに、彼女は手紙の届け主の正体を知る。

キャスト[編集]

ホリー・ケネディ
演 - ヒラリー・スワンク、日本語吹替 - 本田貴子
夫を脳腫瘍で亡くした未亡人
大学ではアートを専攻。職を転々としており、今は不動産会社勤務。
ジェリー・ケネディ
演 - ジェラルド・バトラー、日本語吹替 - 楠大典
ホリーの亡夫。アイルランド人
リムジン会社を友人ジョンと始めたばかりだった。
デニース・ヘネシー
演 - リサ・クドロー、日本語吹替 - 田中敦子
ホリーの友人。恋人募集中だが自意識過剰で男の好みがうるさい。
シャロン・マッカーシー
演 - ジーナ・ガーション
ホリーの友人で勤務先の同僚。
ジョン・マッカーシー
演 - ジェームズ・マースターズ
シャロンの夫。ジェリーのビジネスパートナー。
パトリシア・ライリー
演 - キャシー・ベイツ、日本語吹替 - 西宏子
ホリーの母。バーを経営。
夫が家出し、女手一つで娘たちを育てた。
ダニエル・コネリー
演 - ハリー・コニック・Jr、日本語吹替 - 阪口周平
パトリシアの店のバーテンダー
女性不信だがホリーに惹かれて行く。後にホリーの相談相手に。
キアラ・ライリー
演 - ネリー・マッケイ
ホリーの妹。
ウィリアム・ギャラガー(映画オリジナルのキャラクター)
演 - ジェフリー・ディーン・モーガン
ホリーがアイルランドで出会ったミュージシャン。
ジェリーの幼なじみの親友だった。

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

原作との相違点[編集]

原作ではホリーを含む主要な登場人物はアイルランドに住んでいるアイルランド人という設定であり、ジェリーがホリー達に残した旅行先はスペインである。また、原作では母に届いたジェリーからホリー宛の手紙の小包の中に10通の手紙があり、それを毎月開ける方法をとっている。

ホリーには多くの兄弟姉妹がいるという設定がなくなり、妹1人になっている他、映画オリジナルのキャラクターとして、旅行先のアイルランドで出会うミュージシャンをホリーの恋の相手として登場させている。

評価[編集]

  • 映画館大賞「映画館スタッフが選ぶ、2008年に最もスクリーンで輝いた映画」第103位

参考文献[編集]

  1. ^ a b c P.S. I Love You (2007)” (英語). Box Office Mojo. 2012年4月22日閲覧。

外部リンク[編集]