セシリア・アハーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
セシリア・アハーン

セシリア・アハーンCecelia Ahern, 1981年9月30日 - )は、アイルランド出身の小説家

ダブリン生まれ。父は元首相のバーティ・アハーン。姉のジョージナ・アハーンは人気グループ「ウエストライフ」のメンバー、ニッキー・バーンと結婚している。

2000年にはアイルランドのポップ・グループ「シンマ」のメンバーとして活動した。

グリフィス・カレッジ・ダブリンでジャーナリズムを学んだのち、執筆活動に入る。

2004年に出版された処女作の小説『P.S. アイラヴユー』がアイルランド、イギリス、アメリカ、ドイツ及びオランダでベストセラーとなり、2007年に映画化された。

著作[編集]

  • PS, I Love You (2004)
  • Where Rainbows End, (2004) (米国版タイトル Rosie DunneおよびLove, Rosie)
    • 『愛は虹の向こうに』(阿部 尚美訳、小学館文庫)
  • If You Could See Me Now (2005) (米国版タイトル A Silver Lining)
    • 『もし、君に僕が見えたら』(川端 麻祐子訳、 ゴマ文庫
  • A Place Called Here (2006) (米国版タイトル There's No Place Like Here)
  • Thanks for the Memories (2008)
  • The Gift (2008)
  • The Book of Tomorrow (2009)
  • The Time of my Life (2011)
    • 『わたしの人生の物語』(阿部 尚美訳、小学館文庫)
  • One hundred names (2012)

外部リンク[編集]