ジェームス・ブラント

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジェームス・ブラント
James Blunt
2011年7月撮影
2011年7月撮影
基本情報
出生名 James Hillier Blount
出生 1974年2月22日(40歳)
出身地 イングランドの旗 イングランド ウィルトシャー
ジャンル ポップ・ロック
ソフトロック
フォークロック
職業 シンガーソングライター
ミュージシャン
担当楽器 ボーカルギターピアノキーボードヴァイオリンパーカッション
活動期間 2004年 -
レーベル ワーナー・ブラザーズ・レコード
アトランティック
Custard Records
公式サイト JAMESBLUNT.com

ジェームス・ブラントJames Blunt1974年2月22日 - )は、イングランドウィルトシャー出身の歌手。元軍人。本名ジェームス・ヒリアー・ブラウント(James Hillier Blount)。

来歴[編集]

イギリス陸軍航空隊に所属していた父の長男として陸軍病院で生まれ、イングランド、キプロスドイツなどで子供時代を過ごした。子供の頃にピアノバイオリンを習い、14歳でギターを始めた。また父から飛行機の操縦を教わり、16歳でパイロットのライセンスを取得。ブリストル大学社会学を学び、1996年に卒業した。

サンドハースト王立陸軍士官学校で訓練を受けイギリス陸軍に入隊。キャプテン(大尉)のランクにも昇格し、NATO平和維持部隊として紛争地帯のコソボにも赴いた経験を持つ。

2002年に除隊しミュージシャンとしての活動を開始し、2004年10月にデビューアルバム『バック・トゥ・ベッドラム』をリリース。2005年にアルバムからシングルカットされた『ユア・ビューティフル』が大ヒットした。

2007年に2枚目のアルバム『オール・ザ・ロスト・ソウルズ』をリリース。シングルカットされた『セイム・ミステイク』は映画『P.S. アイラヴユー』の主題歌に起用された。

ディスコグラフィ[編集]

アルバム[編集]

イギリスをはじめヨーロッパの国々で1位を記録。アメリカにおいてもビルボードアルバムチャートTOP10にチャートイン。全米最高2位。
全英1位・全米7位。
全英4位・全米11位。

ライブアルバム[編集]

DVD+CDの2枚組作品。
DVDには2005年のライヴ・イン・コンサート・アット・ザ・BBCからのパフォーマンスやミュージックビデオとそのメイキング、インタビューが収録されている。
CDにはアイルランドで行われたライブでの音源で、その内3曲はアルバム未収録音源である。

シングル[編集]

日本ではフジテレビ系ドラマ『小早川伸木の恋』挿入歌、トヨタ・ヴィッツCMソングに起用された。イギリスをはじめヨーロッパの国々で1位を獲得。アメリカのビルボードHOT100においても1位を記録(イギリス人男性ソロアーティストとしては1997年エルトン・ジョン「キャンドル・イン・ザ・ウィンド」以来、実に9年ぶり)。
  • 『ハイ』(再リリース) - High (2005年) ※カップリング曲にU2をカバーした『イン・ア・リトル・ホワイル』を収録
  • 『グッバイ・マイ・ラヴァー』 - Goodbye My Lover (2005年)
  • 『ワイズ・メン』(再リリース) - Wisemen (2006年)
  • No Bravery (2006年) ※フランス限定リリース
  • 『1973』 - 1973 (2007年)
  • 『セイム・ミステイク』 - Same Mistake (2007年)
映画『P.S. アイラヴユー』主題歌
  • Je réalise (2008年) ※フランスのラップ歌手Sinikとのコラボ曲
  • 『キャリー・ユー・ホーム』 Carry You Home (2008年)
フジテレビ土曜プレミアムスペシャルドラマ『愛馬物語』主題歌
  • 『アイ・リアリー・ウォント・ユー』 I Really Want You (2008年)
  • 『ラヴ・ラヴ・ラヴ』 Love, Love, Love (2008年)
  • Primavera in anticipo (It Is My Song) (2009年) ※イタリアの歌手ラウラ・パウジーニとのデュエット曲


外部リンク[編集]