NOHAB

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ハンガリーのNOHAB社製機関車

NOHAB (Nydqvist & Holm AB) は、スウェーデンの重工業会社である。トロルヘッタンに本社があった。

会社はAntenor Nydqvist, Johan Magnus Lidström、Carl Olof Holmによって1847年、Trollhättans Mekaniska Verkstad として流体機械のタービンの製造会社として創業された。1865年に最初の蒸気機関車を製造、1912年には1000両目の機関車を送り出した。

1916年に有限会社として再編されNOHABになった。1920年、NOHABはロシアから1000両の機関車を受注した。1921年から1924年にかけて500両だけが納入された。

1950年代にはNOHABはゼネラルモーターズのエレクトロ-モーティブ事業部のディーゼル機関車のライセンス生産を始めた。デンマーク国鉄は主要な顧客だった。同様に20両の機関車がハンガリー国鉄向けに生産されたが鉄のカーテンにより輸入は途絶えた。これらの機関車はM61型である。現在、もはやM61型を運用しているのはハンガリーの保存グループのみである。35 Di 3 ユニットはノルウェー国鉄に納入された同種の機関車である。

NOHAB ディーゼル

1930年、NOHABはブリストル ジュピター航空機エンジンのライセンス生産をはじめた。後年、NOHABの航空機エンジン部門とAB Svenska järnvägsverkstäderna (スウェーデン鉄道工作会社)は合併して航空機製造会社のSAABとなる。

NOHABは現在もタービンを中型船舶用に生産している。NOHABはStrv.103の車体も生産した。1979年に破たんした。

デンマーク鉄道博物館に展示されているEx-DSB NOHAB製機関車

外部リンク[編集]