Lguest

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

Lguest2007年10月9日にリリースされたLinuxカーネルバージョン2.6.23から利用可能な、x86仮想化によるハイパーバイザーである。これは、完全仮想化ソリューションとは異なり、Lguestサポートを組み込んだLinuxカーネルのみで実行可能な仮想化である(準仮想化)。 セットアップは非常に簡単で、ローダブル・カーネル・モジュールであるlgモジュールをmodprobe英語版コマンドでロードし、カーネルソースツリーに含まれるDocumentation/lguest/lguest.cを利用し、新しいゲスト環境を構築すればよい[1]。Lguestは約5000行のソースで構成されるカーネルモジュールとして開発されており、Linux仮想機械を実装している[2]

Lguestはラスティ・ラッセルによりメンテナンスされている。

脚注[編集]

  1. ^ /usr/src/linux/Documentation/lguest/lguest.txt”. git.kernel.org. 2011年2月22日閲覧。
  2. ^ /usr/src/linux/drivers/lguest/README”. git.kernel.org. 2011年2月22日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]