Bochs

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Bochs
Bochs.png
開発元 Community based; owned by Mandriva
最新版 2.6.2 / 2013年05月26日(10か月前) (2013-05-26
プログラミング言語 C++
プラットフォーム クロスプラットフォーム
対応言語 英語
サポート状況 開発中
種別 エミュレータ
ライセンス GNU Lesser General Public License
公式サイト bochs.sourceforge.net
テンプレートを表示

Bochs(ボックス)は、PC/AT互換機エミュレータである。2000年3月以降、GNU LGPLに基づくオープンソースとなっている。

特徴[編集]

BIOS等を除く大部分は標準C++によって実装されており、移植性に優れる。x86プロセッサの命令実行をエミュレートするために、x86以外のコンピュータでもPC/AT互換機エミュレーションを実現できる。そのため、LinuxFreeBSDMac OS XWindows用など非x86環境を含む様々なプラットフォーム用のバージョンが存在している。

QEMUも同様のエミュレーション手法を採用しており、どちらも実行環境およびエミュレーション対象を柔軟に選択できるためOS開発や動作テストには有用である。その反面、VMwareXenなどユーザモード命令をそのままプロセッサに実行させる方式に比べると実行速度が劣るため、仮想マシン環境をサービスとして利用するには不向きである。

エミュレートするハードウェア[編集]

  • CPU
標準構成では、インテル Pentium III 相当のユニプロセッサである。コンパイルオプションを変更することで、386486PentiumPentium II、または Pentium 4 相当にしたり、8プロセッサまでのマルチプロセッサ環境にすることが可能である。

その他にも次のような周辺機器のエミュレーションをサポートする。

外部リンク[編集]