Kissingジェシカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Kissingジェシカ
Kissing Jessica Stein
監督 チャールズ・ハーマン=ワームフェルド
脚本 ジェニファー・ウェストフェルト
へザー・ジャーゲンセン
製作 イーデン・H・ワームフェルド
ブラッド・ザイオンズ
音楽 マーセロ・ザーヴォス
撮影 ローレンス・シャー
編集 クリスティン・ジェイコブス・マスリン
グレッグ・ティルマン
配給 アメリカ合衆国の旗 フォックス・サーチライト
日本の旗 20世紀フォックス
公開 アメリカ合衆国の旗 2001年4月21日(ロサンゼルス映画祭)
アメリカ合衆国の旗 2002年3月12日
日本の旗 2003年3月1日
上映時間 97分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 US$1,000,000[1]
興行収入 US$10,013,424[1]
テンプレートを表示

Kissingジェシカ』(Kissing Jessica Stein)は、2001年制作のアメリカ映画。日本では2003年3月1日より東京の新宿テアトルタイムズスクエアにて単館上映された。

主演女優二人による主演・脚本・共同制作。監督はチャールズ・ハーマン=ワームフェルド。今作でデビューを飾り、セクシュアリティゲイである。

この映画は1997年秋にオフ・ブロードウェイで上演されたコメディ・スケッチの1編として生まれた。『Lipschtick』と呼ばれるこの舞台劇は、ニューヨークライトアークシアターで5日間だけ上演された。

ニューヨークを舞台に、本当は「ストレート」なはずの女性がふとしたことから恋に落ちてしまうさまをユーモラスに描いたロマンティック・コメディである。


ストーリー[編集]

ニューヨークの新聞社に勤める28歳の知的なジャーナリスト、ジェシカ。元カレの上司ジョシュとも仕事上での付き合いとなっていて、何人かの恋人候補を相手にするも、恋愛運は最悪。ある日、ジェシカの好きなライナー・マリア・リルケを引用した、”女性の恋人”を探すヘレンという女性の広告を見つける。画廊のアシスタント・ディレクターのヘレンは、男好きで経験豊富であるが、男性との関係に満足できず、同性との恋愛に興味を持っていた。焦るジェシカは、やがて彼女と会うことを決意する。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
ジェシカ・スタイン ジェニファー・ウェストフェルド 佐々木優子
ヘレン・クーパー ヘザー・ジャーゲンセン 松本梨香
ジョシュ・マイヤーズ スコット・コーエン 佐久田修
ジュディ・スタイン トーヴァ・フェルドシャー 火野カチコ
ダン・"ダニー"・スタイン デイヴィッド・アーロン・ベイカー 小形満
シドニー・スタイン ロバート・アリ 小山武宏
ジョーン ジャッキー・ホフマン 寺内よりえ
マーティン マイケル・マストロ 中村大樹
セバスチャン カーソン・エルロッド 根本泰彦
スタンリー ピーター・ハーシュ 石井隆夫
グランマ・エスター エスター・ワームフェルド 鳳芳野
スティーブン マイケル・ショーウォルター 三宅健太
グレッグ マイケル・アーリー 浜田賢二
チャールズ ジョン・ハム 鈴木琢磨
ナンパ男#1 木村雅史
ハワード ニック・コーリー 下山吉光
アーティスト アリシア・ライナー きのしたゆうこ
レイチェル ジェニファー・カータ 大野エリ
ローリー イラナ・レビン 重松朋
日本語版制作スタッフ

補足[編集]

原題の “Kissing Jessica Stein” の「シュタイン/スタイン」(Stein)から、ユダヤ系の姓だと窺えるため、「ユダヤ系のジェシカがキスしてる」といった解釈ができる。

脚注[編集]

  1. ^ a b Kissing Jessica Stein (2001)” (英語). Box Office Mojo. Amazon.com. 2010年4月23日閲覧。

外部リンク[編集]