Kaypro

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ケイプロ・コーポレーション(Kaypro Corporation)は1980年代に存在したアメリカ合衆国ホーム/パーソナルコンピュータ製造企業。電子部品検査器メーカーのノンリニア・システムズ(Non-Linear Systems)社が当時人気のあった オズボーン1 (Osborne 1) に対抗するコンピュータを開発する目的で創設した。Kaypro は可搬型のCP/Mベースのコンピュータを開発してライバルに取って代わり、1980年代初期のパソコン売り上げ首位となった。

しかし、その後のPC/AT互換機への転換には対応できず、1992年には倒産した。

歴史[編集]

ケイプロの母体となったノンリニア・システムズは1952年創立の電子部品検査器メーカーであり、創業者のアンドリュー・ケイはデジタル電圧計の発明者でもある。

1981年、ノンリニア・システムズは Osborne 1 という可搬型コンピュータと対抗できる ケイコンプ(KayComp)というパーソナルコンピュータの設計を開始した。翌1982年に子会社のケイプロ・コーポレーションが設立され、それと同時にコンピュータ名もケイプロ(Kaypro)とした。

ケイプロII

最初の製品はケイプロII と名づけられた。ローマ数字を付けたのは、当時最も人気のあった Apple II にあやかったものである。ケイプロII は オズボーンのような可搬型として設計された。アルミニウム製のケースで、重量は約13キログラムザイログ Z80 マイクロプロセッサを搭載し、64KiBRAM、5¼インチ倍密度フロッピーディスクドライブを2台内蔵している。デジタルリサーチオペレーティングシステム CP/M が動作し、当初約1795ドルで販売されたが1983年中頃に価格を1595ドルに下げると、1カ月で1万台以上を売り上げケイプロ社は世界第5位のコンピュータメーカーに躍り出た。

ケイプロII の成功の要因はいくつかある。まず、Osborne よりも画面が大きかった。サードパーティのアプリケーションソフトウェアが同梱されていた(PerfectWriter、PerfectCalc。後にマイクロプロのWordStarとCalcStarに置換)。ディーラー網によるサポートがしっかりしていた。ケイプロII は、ユーザーグループが全米規模で結成されるほど人気となった[1]。ケイプロ社は月刊誌 ProFiles: The Magazine for Kaypro Users を出版。同社製品だけでなく CP/M や MS-DOS についても扱った。寄稿者にはテッド・チャンロバート・J・ソウヤーらがいた。

その後80年代中盤にかけて、コンパックなどがこの種のコンピュータへの進出を果たしたものの、ケイプロ社はIBM互換機市場への参入に手間取り、1985年にようやくMS-DOSマシンの互換機を開発したものの苦戦を強いられた。それからの数年間、減少する売り上げをなんとかしようとがんばったが、1990年3月、連邦倒産法第11章の適用を申請することになった。しかし再生はうまくいかず、1992年6月に連邦倒産法第7章による清算対象となった。1995年、残存資産が270万ドルで売却された。

ケイプロの名称は1999年にオンラインPCベンダー名として再利用されたが、売り上げ低迷によって2005年に再度消滅した(親会社は Premio Computers Inc.[2]。ケイプロ社の創業者であるケイも、同社倒産後に似たような戦略の企業 ケイ・コンピュータ(Kay Computers)を創業している。

製品[編集]

ハードウェア[編集]

特に説明がない限り、可搬型である。

Kaycomp I(1982年)
主にディーラー向けデモンストレーションに使用された機種。ケースはその後の機種とほぼ同じだが、緑色に塗られ、フロッピードライブは Osborne 1 のように中央のディスプレイの両側に配置されていた。
Kaypro II(1982年)

Kayproの最初のコンピュータ Kaypro II の構成は、2.5 MHz Zilog Z80 マイクロプロセッサ、RAM 64KiB、片面191KBの5.25インチフロッピーディスクドライブ2台、80桁9インチグリーンCRTである。なお、初期には主プリント基板が既存のコンピュータのものを許可なくコピーしたものだと訴えられたことがある。外装はアルミニウム製。キーボードは着脱可能で、本体に収納するときはディスプレイとフロッピーディスクドライブに蓋をするような形となる。普通の交流電源を使い、電池は装備していない。1984年には簡易グラフィック機能付きの Kaypro II がリリースされている。

Kaypro IV(1983年)
両面倍密ドライブ(390kB)を2台搭載し、WordStar を同梱。
Kaypro 10(1983年)
10メガバイトのハードディスクドライブと両面倍密フロッピードライブ1台を搭載。
Kaypro 4(1984年)
Kaypro IV とほぼ同じだが、フロッピードライブは薄型で、クロック周波数は4MHzで、簡単なグラフィックス機能を持つ。また、300ボーのモデムを内蔵。
Kaypro Robie(1984年)
CP/Mマシンとしては唯一可搬型でない機種。Kaypro 4 と同じキーボードを装備したデスクトップ機。2.6MBの高密度フロッピードライブと300ボーモデムを装備。このフロッピードライブはメディアを壊してしまうことで有名だった。あまり売れなかったが、『こちらブルームーン探偵社』でブルース・ウィリス演じるデビッド・アディスンが使うコンピュータとしてしばしば登場している。黒い色と形状から「ダースベイダーの弁当箱」と呼ばれた。
Kaypro 2X(1985年)
Kaypro 4 とほぼ同じだが、プリンター付きで販売された。
Kaypro "New" 2(1985年)
2X の廉価版。同梱されるソフトウェアが少なく、モデムを内蔵していない。
Kaypro 4+88(1985年)
Z80 と Intel 8088 の二つのプロセッサを搭載した機種。MS-DOSとCP/Mの両方が動作する。MS-DOS用にRAMは256KBあり、CP/MではRAMディスクとして利用可能。
Kaypro 16(1985年)
8088プロセッサを搭載しMS-DOSが動作する機種。メモリは256KB。
Kaypro 2000(1985年)
唯一のラップトップ型。バッテリー駆動のMS-DOSマシン。見た目は通常のラップトップ型でフロッピーディスクも3.5インチを使っているが、キーボードを本体から着脱可能。
Kaypro PC(1985年)
PC互換機市場への本格参入を意図した機種。IBM PC-XT 対抗を意図しており、クロック周波数をIBMよりも高くし、ハードディスク容量もIBMより大きくし、ソフトウェアも多数用意した。ただし、XTが1983年にリリースされたことを考えれば、遅すぎると言わざるを得ない。
Kaypro 1(1986年)
最後のCP/M機種。Kaypro 2X のソフトウェアを減らしたバージョン。フロッピーを縦に挿入する点がそれまでの機種と異なる。
Kaypro 286i(1986年)
Intel 80286 12MHz を搭載。
Kaypro 386(1987年)
Intel 80386 20MHz を搭載。

ソフトウェア[編集]

当初の標準オペレーティングシステムCP/Mであった。最初に同梱されたアプリケーションソフトウェアSelect という無名のワープロソフトだったが、すぐに Perfect Software のオフィススイート(PerfectWriter、PerfectCalc、PerfectFiler、PerfectSpeller)や Kaypro 独自のコンパイラ S-BASIC に置き換えられた。PerfectFiler はいわゆるフラットファイル型データベースである。その後、Microsoft BASICのCP/M版であるMBASICや The Word Plus というスペルチェッカが同梱されるようになった。The Word Plus はクロスワードパズルを解くのにも使えるユーティリティで、ハイフンの挿入、単語をアルファベット順に一覧表示する機能、単語出現頻度の計算などが可能である。また、他社のマシンでフォーマットされたディスクを読める Uniform というユーティリティもある。

同梱ソフトウェアは間もなく有名な WordStarSuperCalcMicrosoft BASICdBaseII などに置換された。

CSVファイルフォーマットを使うと、これらのプログラム間で容易にデータをやり取りできた。

また、ゲームもいくつか同梱されていた。たとえばスタートレックパックマン風ゲームをASCII化した CatChumドンキーコング風ゲームをASCII化した Ladder などがある。

これらの同梱ソフトをすべて個別に購入すると、システムの価格よりもかなり高額になった。MS-DOS版のKayproでも似たようなソフトウェアの同梱が行われた。

脚注[編集]

  1. ^ これとは逆にオズボーンではサポートが充分でないばかりか、品質面でも優れたものが出来ず、これが同社の凋落の一因にもなった。
  2. ^ PC World. (2001年5月22日PC Pioneer Kaypro Dies, Again - 閲覧: 2007年3月15日

外部リンク[編集]