KJ・ヌーンズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
KJ・ヌーンズ
基本情報
本名 カール・ジェームス・ヌーンズ
(Karl James Noons)[1]
通称 キング (King)
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
生年月日 1982年12月7日(31歳)[2]
出身地 ハワイ州カイルア・コナ
所属 シティ・ボクシング
→フリーランス
→ジ・アリーナ
身長 181cm[2]
体重 71kg[2]
リーチ 178cm
階級 ライト級
スタイル ボクシングムエタイ[2]
テンプレートを表示

KJ・ヌーンズKJ Noons、男性、1982年12月7日 - )は、アメリカ合衆国総合格闘家プロボクサーハワイ州カイルア・コナ出身。ジ・アリーナ所属。元EliteXCライト級王者。KJ・ヌーンとも表記される。

来歴[編集]

2002年、Renegades Extreme Fightingのライト級トーナメントでプロデビュー。

2004年6月18日、プロボクシングデビュー。

2004年11月、アメリカで開催されたPRIDEオーディションに合格し、マット・ヒュームのAMCパンクレイションで練習を始める。PRIDE武士道に出場するためハワイのSuperBrawlでキャリアを積むが、結局条件面で折り合いがつかず、武士道に出場することは無かった[3]

2005年から2007年にかけて、プロボクシングで5勝1敗(4KO)の成績を残した。EliteXCとはボクシングとの二足の草鞋が可能な契約を結んでいた[3]

2007年2月10日、初参戦のEliteXCチャールズ・"クレイジー・ホース"・ベネットと対戦し、KO負け。

2007年11月10日、EliteXCでライト級王座(-73kg)を賭けニック・ディアスと対戦。下馬評ではディアス有利と言われた[4]が、ボクシングでディアスの左瞼をカットし1R終了時にドクターストップで勝利。ライト級初代王者となった。

2008年6月14日、EliteXCでイーブス・エドワーズと対戦、開始48秒、右ストレートからのパウンドでKOし、地元ハワイで初防衛に成功した。試合のマイクアピールでは乱入したディアスの挑発によって乱闘騒ぎとなった[5]

2008年9月19日、ニック・ディアスとのタイトルマッチを拒否したため、EliteXCから王座を剥奪された[6]

2010年3月22日、DREAM初参戦となったDREAM.13アンドレ・ジダと対戦し、判定勝ち。

Strikeforce[編集]

2010年6月16日、Strikeforce初参戦となったStrikeforce: Los Angelesでコナー・ヒューンと対戦し、2-1の判定勝ち[7]

2010年8月21日、Strikeforce: Houstonジョルジ・グージェウと対戦し、KO勝ちを収めた[8]

2010年10月9日、Strikeforce: Diaz vs. Noons 2においてニック・ディアスとウェルター級タイトルマッチで再戦、判定負けで王座獲得を逃した[9]

UFC[編集]

2013年5月25日、UFC初参戦となったUFC 160ドナルド・セラーニと対戦し、0-3の判定負けを喫した。

2014年4月16日、The Ultimate Fighter Nations Finaleサム・スタウトと対戦し、パウンドでKO勝ち。パフォーマンス・オブ・ザ・ナイトを受賞した。

戦績[編集]

総合格闘技[編集]

総合格闘技 戦績
20 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
13 9 0 4 0 0 0
7 1 1 5 0
勝敗 対戦相手 試合結果 イベント名 開催年月日
サム・スタウト 1R 0:30 KO(右ストレート→パウンド) The Ultimate Fighter Nations Finale 2014年4月16日
ジョージ・ソテロポロス 5分3R終了 判定3-0 UFC 166: Velasquez vs. Dos Santos 3 2013年10月19日
× ドナルド・セラーニ 5分3R終了 判定0-3 UFC 160: Velasquez vs. Bigfoot 2 2013年5月25日
× ライアン・クートゥア 5分3R終了 判定1-2 Strikeforce: Marquardt vs. Saffiedine 2013年1月12日
× ジョシュ・トムソン 5分3R終了 判定0-3 Strikeforce: Tate vs. Rousey 2012年3月3日
ビリー・エヴァンゲリスタ 5分3R終了 判定3-0 Strikeforce: Melendez vs. Masvidal 2011年12月17日
× ホルヘ・マスヴィダル 5分3R終了 判定0-3 Strikeforce: Overeem vs. Werdum 2011年6月18日
× ニック・ディアス 5分5R終了 判定0-3 Strikeforce: Diaz vs. Noons 2
【Strikeforce世界ウェルター級タイトルマッチ】
2010年10月9日
ジョルジ・グージェウ 2R 0:19 KO(パウンド) Strikeforce: Houston 2010年8月21日
コナー・ヒューン 5分3R終了 判定2-1 Strikeforce: Los Angeles 2010年6月16日
アンドレ・ジダ 2R(10分/5分)終了 判定3-0 DREAM.13 2010年3月22日
イーブス・エドワーズ 1R 0:48 TKO(パウンド) EliteXC: Return of the King
【EliteXC世界ライト級タイトルマッチ】
2008年6月14日
ニック・ディアス 1R終了時 TKO(左瞼カット) EliteXC: Renegade
【EliteXC世界ライト級王座決定戦】
2007年11月10日
エジソン・ベルト 3R 0:45 TKO(膝蹴り) ShoXC 1 2007年7月27日
× チャールズ・"クレイジー・ホース"・ベネット 1R 3:43 KO(右フック) EliteXC: Destiny 2007年2月10日
ハリス・サリエント 3R 4:37 TKO(パンチ連打) ICON Sport: Opposites Attract 2005年10月28日
ブライソン・カマカ 1R 1:20 KO(ハイキック) SuperBrawl: Icon 2005年7月23日
マリク・ウィリアムス 1R 2:33 TKO(パンチ連打) SuperBrawl 39: Destiny 2005年4月9日
× バディ・クリントン 1R 0:25 ヒールホールド Renegades Extreme Fighting
【ライト級トーナメント 決勝】
2002年10月12日
ラウル・ゲラ 2R TKO(タオル投入) Renegades Extreme Fighting
【ライト級トーナメント 1回戦】
2002年10月12日

プロボクシング[編集]

  • 13戦11勝2敗

キックボクシング[編集]

  • 4戦3勝1敗

獲得タイトル[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

前王者
王座新設
初代EliteXCライト級王者

2007年11月10日 - 2008年9月19日

次王者
王座廃止