HD 17156

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
HD 17156
データ
元期 J2000
星座 カシオペヤ座
赤経 02h 49m 44.49s[1]
赤緯 +71°45′11.64″[1]
視等級 (V) 8.17 等[1]
特徴
スペクトル分類 G0V[2] G5[1]
アストロメトリー
固有運動 (μ) 赤経: 91 ± 0.80[1] ミリ秒/
赤緯: -32.45 ± 0.58[1] ミリ秒/年
年周視差 (π) 12.78 ± 0.90 ミリ秒
距離 255.19 光年
(78.24 パーセク
絶対等級 (MV) 3.70
詳細
質量 1.24 ± 0.03 M
半径 1.446 (-0.067+0.099) R
表面温度 6,079 ± 80 K
金属量 3.06 (-0.76+0.64)
他の名称
BD+71°171, HIP 13192, SAO 4737, GSC 04321-01320, PPM 5099, TYC 4321-1320-1, AG+71 95, HD 17156, SKY# 4245
Template (ノート 解説) 天体PJ

HD 17156は、カシオペヤ座の方角にある黄色準巨星である。8等級であり、裸眼では見えないが、性能のよい双眼鏡を使うと見ることができる。太陽系からは255.19光年離れている[1]

質量は太陽質量より約20%、半径は約47%大きい。スペクトル型がG0、絶対光度が3.70であることから、表面温度は太陽より高いと推定されている。また彩層の観測により、年齢は44億年から70億年と推定されている[2]。この星はすでに主系列星の最終段階で、すぐに近傍の惑星を飲み込むと考えられている。

スペクトルの観測により、金属量が太陽より74%も多いことが明らかとなった。2008年時点で、2つの太陽系外惑星が見つかっているが、1つは確実ではない。

惑星系[編集]

2007年に視線速度法を用い、カシオペヤ座では初めて発見された惑星系である。後の観測によって、この惑星は主星を通過することが分かった[3]。2008年2月に、2つ目の惑星HD 17156cが、内側のHD 17156bの5:1の共鳴軌道上に存在することが提案された[4]

HD 17156の惑星
名称
(恒星に近い順)
質量 軌道長半径
天文単位
公転周期
()
軌道離心率 半径
b 3.111 MJ 0.1594 0.6717
c 0.063 MJ 0.481 0.136

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g SIMBAD query result: HIP 13192 -- Star”. Centre de Donnees astronomiques de Strasbourg. 2009年5月20日閲覧。
  2. ^ a b Fischer et al. (2007). “Five Intermediate-Period Planets from the N2K Sample” (abstract). The Astrophysical Journal 669 (2): 1336?1344. doi:10.1086/521869. http://www.iop.org/EJ/abstract/0004-637X/669/2/1336/. 
  3. ^ Barbieri et al. (2007). “HD 17156b: A Transiting Planet with a 21.2 Day Period and an Eccentric Orbit”. Astronomy and Astrophysics Letters 476: L13?L16. doi:10.1051/0004-6361:20078787. http://www.aanda.org/articles/aa/abs/2007/47/aa8787-07/aa8787-07.html. 
  4. ^ Short et al. (2008). “Orbital Dynamics Of A Possible Second Planet In HD 17156”. Submitted to The Astrophysical Journal Letters.  ArXiv Abstract

外部リンク[編集]