HAT-P-13

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
HAT-P-13
データ
元期 J2000.0      Equinox J2000.0
星座 おおぐま座
赤経 08h 39m 32s
赤緯 +47° 21′ 07″
視等級 (V) 10.62
特徴
スペクトル分類 G4V
アストロメトリー
固有運動 (μ) 赤経: -25.2 ミリ秒/
赤緯: -27.6 ミリ秒/
距離 697.9 光年
(214 パーセク)
詳細
質量 1.22 M
半径 1.56 R
表面温度 5638 K
金属量 0.43 [Fe/H]
年齢 5×109
他の名称
2MASS J08393180+4721073, GSC 03416-00543, TYC 3416-543-1
参照データベース
SIMBAD data
NStED data
Extrasolar Planets
Encyclopaedia
data

HAT-P-13またはGSC 03416-00543は、おおぐま座の方角に約697光年の位置にあるG型主系列星である。2009年中旬にトランジット法によって太陽系外惑星が発見されたことが公表された。

惑星系[編集]

2009年、HAT-P-13は2つの太陽系外惑星を持つことが確実になった。内側の惑星はトランジット法、外側の惑星は視線速度法で発見された。HAT-P-13cが恒星表面を通過するか否かは分かっていない。HAT-P-13は、トランジット惑星の他に軌道が既知の別の惑星が見つかった最初の恒星である。HAT-P-7やその他の恒星も別の惑星を持つことが分かっているが、軌道を特徴付ける十分なデータは得られていない。OGLE-TR-111は、1つの確実なトランジット惑星と1つの不確実なトランジット惑星を持つ。

内側の惑星であるHAT-P-13bは、およそ木星質量程度で、約3日の公転周期を持つ。ホットジュピターに分類され、温度は1000Kを超える。2つ目のHAT-P-13cは、木星の15倍以上の質量を持つ。その大きな質量のため、 この天体はスーパージュピター惑星にも小さな褐色矮星にもなりうる。どちらにしても、HAT-P-13cは428.5日ごとに大きな軌道離心率で親星を公転している。視線速度の観測によって、この系の3つ目の伴星の存在も示唆されている。この伴星はもう一つの惑星かもしれないし、褐色矮星や小さな恒星でさえあるかもしれない。

HAT-P-13の惑星
名称
(恒星に近い順)
質量 軌道長半径
天文単位
公転周期
()
軌道離心率 半径
b 0.851 MJ 0.0426 2.91626 0.021
c ≥15.2 MJ 1.186 428.5 0.691

関連項目[編集]

出典[編集]

座標: 星図 08h 39m 32s, +47º 21' 07''