Extensible Business Reporting Language

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

概要[編集]

XBRL(eXtensible Business Reporting Language)は、拡張可能な事業報告言語の意で、財務諸表などのビジネスレポートを電子文書化することでそれらの作成の効率化や比較・分析などの二次利用を目的として、XMLの規格をベースに作られた言語である。

1998年米国米国公認会計士協会(AICPA)の支持でXBRL 1.0が作られて、世界的に普及を始めたことが始まりである。

内では日本公認会計士協会(JICPA)等が中心となって設立したXBRL Japanが作成・普及・啓蒙活動を行っており、2005年7月20日JIS(JIS X 7206)化された。

XBRLはレポートの項目・科目そのものと項目・科目間の関係定義した語彙辞書であるタクソノミーと実際の集合であるインスタンスの3要素から構成される。

仕様[編集]

XBRL 1.0[編集]

構造DTDを用いて定義されている。

XBRL 2.0[編集]

仕様2001年12月14日標準化された。 構造には、DTDを廃止して、XML Schema 1.0を用いている。

XBRL 1.0に比べて大幅に仕様が改造されており、以下の仕様が活用されている。

また、タクソノミーは以下のデータをXLinkを用いて定義する事になっている。

  • 名称(勘定科目名)
  • 計算
  • 表示順序
  • 構造(タグ同士の関係)
  • 参照

XBRL 2.1[編集]

2003年12月31日標準化された。JIS X 7206はこの仕様を翻訳したものである。

XBRLに対応した代表的なシステム[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

注釈・出典[編集]


項目分類[編集]