DNAの日

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
DNAの日
挙行者 生物学者、科学の教員学生、その他遺伝学に興味を有する人々
趣旨 デオキシリボ核酸(DNA)の発見と理解および理解が可能となったという科学の進歩を祝う。
日付 4月25日
行事 さまざま
テンプレートを表示
DNA複製。DNA分子の2塩基対の相補的な鎖は、遺伝的な命令の複製を可能にしている。

DNAの日(ディーエヌエーのひ)は、毎年4月25日に祝われる記念日1953年4月25日にジェームズ・ワトソンフランシス・クリックモーリス・ウィルキンスロザリンド・フランクリンと同僚らが『ネイチャー』にデオキシリボ核酸(DNA)の構造を論文として出版したことを記念している[1][2][3]。 更に、2003年の同日にヒトゲノム計画のほぼ完了を示す「残りわずかなギャップは、埋めるにはコストがかかりすぎると考えられる。」と宣言された日である[4][5]

アメリカ合衆国では、DNAの日は2003年4月25日に上院[6]下院[7]の双方での決議により祝われた。しかしこれは1回限りの祝い事と宣言され、毎年の記念日とされなかった。2003年以降はアメリカ国立ヒトゲノム研究所英語版(NHGRI)の主催で4月25日より少し早い4月23日2010年)、4月15日2011年[8]4月20日(2012年)[9]にDNAの日が祝われている。4月25日は「国際DNAの日」[10][11][12]および「世界DNAの日」[13]としていくつかの集団によって宣言されている。

脚注[編集]

  1. ^ Watson, James Dewey; Crick, Francis Harry Compton (1953-04-25). “Molecular structure of nucleic acids; a structure for deoxyribose nucleic acid” (英語) (PDF). Nature 171 (4356): 737–738. Bibcode 1953Natur.171..737W. doi:10.1038/171737a0. PMID 13054692. http://www.nature.com/nature/dna50/watsoncrick.pdf. 
  2. ^ Franklin, Rosalind Elsie; Gosling, Raymond (1953-04-25). “Molecular configuration in sodium thymonucleate” (英語) (PDF). Nature 171 (4356): 740–741. Bibcode 1953Natur.171..740F. doi:10.1038/171740a0. PMID 13054694. http://www.nature.com/nature/dna50/franklingosling.pdf. 
  3. ^ Wilkins, Maurice Hugh Frederick; Stokes, Alexander Rawson; Wilson, Herbert R. (1953-04-25). “Molecular structure of deoxypentose nucleic acids” (英語) (PDF). Nature 171 (4356): 738–740. Bibcode 1953Natur.171..738W. doi:10.1038/171738a0. PMID 13054693. http://www.nature.com/nature/dna50/wilkins.pdf. 
  4. ^ Noble, Ivan (2003年4月14日). “Human genome finally complete” (英語). BBC News. オリジナル2013年12月13日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20131213005844/http://news.bbc.co.uk/2/hi/science/nature/2940601.stm 2014年4月26日閲覧。 
  5. ^ International Human Genome Sequencing Consortium (2004-10-21). “Finishing the euchromatic sequence of the human genome” (英語). Nature 431 (7011): 931–945. Bibcode 2004Natur.431..931H. doi:10.1038/nature03001. PMID 15496913. http://www.nature.com/nature/journal/v431/n7011/full/nature03001.html. 
  6. ^ A concurrent resolution designating April 2003 as "Human Genome Month" and April 25 as "DNA Day". (PDF)” (英語). United States Government Printing Office (2003年2月27日). 2014年4月26日閲覧。
  7. ^ Recognizing the sequencing of the human genome as one of the most significant scientific accomplishments of the past one hundred years and expressing support for the goals and ideals of Human Genome Month and DNA Day.”. Library of Congress. 2014年4月26日閲覧。
  8. ^ Join us April 15 for National DNA Day!” (英語). National Human Genome Research Institute (2011年4月11日). 2014年4月26日閲覧。
  9. ^ DNA Day 12” (英語). National Human Genome Research Institute (2011年11月28日). 2012年1月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年4月26日閲覧。
  10. ^ International DNA day to be celebrated” (英語). Biotechnology Society of Nepal (2009年6月15日). 2009年6月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年4月26日閲覧。
  11. ^ Finley, Erica (2011年4月21日). “Celebrate International DNA Day in Huntsville” (英語). 2014年4月26日閲覧。
  12. ^ Annual International DNA Day at the University” (英語). Vilnius University (2009年4月6日). 2014年4月26日閲覧。
  13. ^ Genomes, Environments and Traits Conference” (英語). GET Conference. 2012年2月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年4月26日閲覧。

外部リンク[編集]