BEYOND

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

BEYOND

  1. 〜から遠く離れてという意の英単語。wikt:beyond参照。
  2. 香港ロックバンド。下記で記述。
  3. ビヨンド - イタリアのホラー映画。
  4. BEYONDMAX(びよんどまっくす)- ミズノが生産している軟式用金属バットの商品名。バットの芯にウレタンスポンジがついており、軟式球の柔らかさとの相乗効果から反発力が増し、打球がよく飛ぶことが特徴。
  5. Beyond(びよんど)- 悪徳商法?マニアックスの管理人。管理人Beyondの活動を参照。
  6. BE-YOND(び・よんど)- エルフおよびシルキーズから発売されたアダルトゲーム
  7. BEYOND: Two Souls(びよんど・つーそうるず)- クアンティック・ドリーム社が開発したPlayStation 3アドベンチャーゲーム

BEYOND
基本情報
出身地 香港の旗 香港
ジャンル ロック
活動期間 1983年 - 1999年
2003年 - 2005年
レーベル ワーナー・ミュージック・グループ
ロックレコード
Cinepoly
ファンハウス
メンバー
黄家強
黄貫中
葉世榮
旧メンバー
黄家駒

BEYOND(ビヨンド)は、香港ロックバンド。現在は活動休止中。

バイオグラフィー[編集]

1983年結成。結成当時は5人であったが、何度か入れ替わり下記の4名となった。

1988年に「大地」がヒットして、香港を代表するロックバンドとなった。

1991年に来日、アミューズのマネジメントで日本へ進出を試みた。1992年に日本デビュー。

彼等が歌う「THE WALL 〜長城〜」のイントロ部分が、『進め!電波少年』(日本テレビ系)のオープニングテーマ曲にも使われ、日本でも徐々に知名度が上がりつつあった。

日本のロックバンド爆風スランプとも親交があり、メンバーのサンプラザ中野は彼らに「リゾラバ〜international〜」の詞を提供している。なお、爆風スランプがカバーした同曲は、1992年に発売された『アジポン』に収録されている。

1993年には「海闊天空」と「遥かなる夢に 〜Far away〜」(海闊天空の日本語歌詞)が、『驚きももの木20世紀』(テレビ朝日系・朝日放送制作)の初代・2代目エンディングテーマ曲に続けて起用された[1][2]

黄家駒の死去後[編集]

しかし、1993年6月24日に『ウッチャンナンチャンのやるならやらねば!』(フジテレビ系)の収録中、リーダーの黄家駒がセットから転落、数日後の6月30日に死亡したため、日本撤退を余儀なくされた[3]。同時にこの番組も打ち切られた

残されたメンバー3人はその後も香港を拠点に、台湾中国などでバンド活動を続けたが、1999年12月にバンドとしての活動を休止し各自ソロ活動に入る。2003年に結成20周年を記念したワールドツアーを行いバンドの活動を再開するが、2005年10月のシンガポールでのライブをもって再び活動休止に。

メンバー[編集]

黄家駒 (Wong Ka Kui)(1962年6月10日 - 1993年6月30日
リーダーボーカルリズムギター担当。1983年から1993年まで在籍。
黄家強 (Wong Ka Keung)(1964年11月13日 -)
ベースコーラス担当。黄家駒の弟。家駒の死後はボーカルとベースを担当。1983年から現在まで在籍。
黄貫中 (Paul Wong)(1964年3月31日 -)
リードギター、コーラス担当。1985年から現在まで在籍。
葉世榮 (Yip Sai Wing)(1963年8月19日 -)
ドラムス、コーラス担当。1983年から現在まで在籍。

ディスコグラフィー[編集]

シングル
アルバム

脚注[編集]

  1. ^ Overachievement 家駒の事故について
  2. ^ 1999年の夏頃から、「遥かなる夢に 〜Far away〜」が再び、同番組のエンディングテーマ曲として使われた。
  3. ^ 1995年には、『SOUND WEATHER』(フジテレビ系)で「アリガトウ」のPVが何回か流れるなど、一部の活動はあった。

外部リンク[編集]