7 ワールドトレードセンター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
7 World Trade Center
南東から見た7 ワールドトレードセンター
南東から見た7 ワールドトレードセンター
概要
用途 オフィス
所在地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ニューヨーク州ニューヨーク市マンハッタン区グリニッジ通り250号
座標 北緯40度42分48秒 西経74度00分43秒 / 北緯40.7133度 西経74.0120度 / 40.7133; -74.0120座標: 北緯40度42分48秒 西経74度00分43秒 / 北緯40.7133度 西経74.0120度 / 40.7133; -74.0120
着工 2002年
完成 2006年
開業 2006年5月23日
高さ
屋上 741 ft (226 m)[1]
最上階 679 ft (207 m)
技術的詳細
階数 52階[1][2][3]
床面積 1,681,118 ft² (156,181 m²)
エレベーター数 29
建設関係者
建築家 デイヴィッド・チャイルズ (en:David Childs) (SOM)
デベロッパー シルバースタイン・プロパティーズ (en)
構造技術者 WSP Cantor Seinuk
ウェブサイト
[1]

7 ワールドトレードセンター(セブンワールドトレードセンター、英語: Seven World Trade Center, 7 WTC)は、ニューヨークワールドトレードセンターを構成する超高層ビルのひとつである。現在のビルは2006年に完成したもので、旧ビルは2001年9月11日アメリカ同時多発テロ事件で倒壊した。

旧ビル[編集]

ツインタワーの左後ろにある赤茶色のビルが7 ワールドトレードセンターの旧ビル

7 ワールドトレードセンターは1987年に完成した。47階建てで、赤い花崗岩の外観のビルであった。最大の入居者はソロモン・ブラザーズ。ワールドトレードセンター・プラザとはペデストリアンデッキで結ばれていた。

2001年9月11日アメリカ同時多発テロ事件でワールドトレードセンターの北棟が倒壊、瓦礫が7 ワールドトレードセンターに降りかかり火災が発生、消火活動ができない状況で、午後5時20分、7 ワールドトレードセンターも倒壊した。直接航空機が衝突したわけではない本ビルが崩壊したことについて疑問を呈する声もあるが、火災の熱で鉄骨の強度が落ちていたのに加えて、ツインタワーの崩壊による破片の直撃や大地震を上回る猛烈な縦揺れの影響で崩壊したとされている[4][5]

新ビル[編集]

新しい7 ワールドトレードセンターの建設は2002年に始まり、2006年に完成した。設計は1 ワールドトレードセンターと同じスキッドモア・オーウィングズ・アンド・メリル(SOM)のデイヴィッド・チャイルズ。高さ226m、52階建てである。

新しいビルは鉄筋コンクリートのコアに、広い階段や太い耐火性の柱など安全面に配慮した構造となっている。新しいビルにはムーディーズABNアムロ銀行が入居した。

出典[編集]

  1. ^ a b 7 World Trade Center, Skidmore, Owings & Merrill
  2. ^ Building Tenants, Silverstein Properties
  3. ^ World Trade Center Tour, Council on Tall Buildings and Urban Habitat (CTBUH)
  4. ^ Final Report on the Collapse of World Trade Center Building 7(英文、PDFファイル)(アメリカ国立標準技術研究所)
  5. ^ 世界貿易センター(WTC)の崩壊にともなう周辺建物の崩壊に関する考察(防衛大学耐衝撃工学研究室)

関連項目[編集]