鳴子ハナハル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

鳴子 ハナハル(なるこ ハナハル)は、日本漫画家男性

経歴[編集]

2002年ワニマガジン社の『COMIC快楽天』に掲載された『ヒタイ』でデビュー後、同社の成人向け漫画雑誌を中心に活動(定期的に『COMIC快楽天』の表紙を担当)。2005年からはメディアミックス作品『かみちゅ!』の漫画版の作画を担当した。

デビュー後長らく成人向け単行本が発売されず、『COMIC失楽天』での特集でそれに代えていた(2005年9月号および2007年9月号)。ヤフオクや中古店などでは、該当号が高値で取引されていたこともある。

2008年6月30日に初の成人向け単行本『少女マテリアル』がワニマガジン社より発売。発売当日の秋葉原の漫画専門書店では『少女マテリアル』を買い求める客が列をなすという、成人向け漫画としては異例の事態になった。

アスキー・メディアワークスの『月刊コミック電撃大王』2008年9月号より、『ノイジィ・ガール』(原作:倉田英之)を不定期掲載中。

作品リスト[編集]

漫画[編集]

単行本[編集]

  • かみちゅ! ベサメムーチョ(落越友則、舛成孝二、倉田英之の合同ペンネーム)原作。2005年 - 2007年、月刊コミック電撃大王メディアワークス(現・アスキー・メディアワークス)連載 全2巻)
  • 少女マテリアル(2008年、ワニマガジン社 ISBN 978-4862690562
    • 2/4(2004年、COMIC快楽天4月号)
    • 2/4ツヅキ(2004年、COMIC快楽天6月号)
    • ヒタイ(2002年、COMIC快楽天12月号)
    • 紅い水(2003年、COMIC快楽天2月号)
    • 踊る大観覧車(2003年、COMIC快楽天4月号)
    • スクランブルドエッグ(2003年、COMIC快楽天6月号)
    • U.F.O.(2003年、COMIC快楽天12月号)
    • 明日の私にヨロシク(2008年、COMIC快楽天1月号)
    • 蔵(2003年、COMIC快楽天8月号 - 9月号)
    • 岬まで(2003年、COMIC快楽天10月号)

単行本未収録作品[編集]

  • ネネ(2003年 - 10話まで(連載中断)、COMIC快楽天ワニマガジン社)連載)
  • Picnic(2004年robot1)
  • エレベーターアクション(2004年、COMIC失楽天12月号)
  • クラスメイド(2005年、COMIC快楽天2月号)
  • でこぼこ(2005年、COMIC快楽天4月号)
  • ふたり(2005年、COMIC快楽天5月号)
  • TRYあんぐる(2005年、COMIC快楽天9月号)
  • スーサイドライン(2005年、COMIC失楽天9月号)
  • BOY or CHICKEN?(2006年、COMIC快楽天2月号)
  • ふとんぶ(2006年、COMIC快楽天6月号)
  • はだかの学校(2006年、COMIC快楽天10月号)
  • クラスメイド マニアックス(2007年、COMIC快楽天2月号)
  • ぱらそる(2007年、COMIC失楽天9月号)
  • りぞらば(2007年、COMIC快楽天10月号)
  • なめねこ(2008年、COMIC快楽天2月号)
  • BiKiNi(2008年、COMIC快楽天10月号)
  • ちんかめ(2009年、COMIC快楽天2月号)
  • ヒメゴト(2009年、COMIC快楽天6月号)
  • ユカタでポン(2009年、COMIC快楽天10月号)
  • はさんで!じゃ~まねさん(2010年、COMIC快楽天2月号)
  • うぶchuッ(2010年、COMIC快楽天6月号)
  • 愛と母乳と山田汁(2010年、COMIC快楽天10月号)
  • なまだし☆ぜねれーしょん(2011年、COMIC快楽天2月号)
  • それゆけ!ふとんぶ(2011年、COMIC快楽天6月号)
  • ムーちゃん(2011年、COMIC快楽天10月号)
  • ふたりのディスタンス(2012年、COMIC快楽天2月号)
  • 蒼い炎 薫る土(2012年、つぼみ vol.16(芳文社))
  • はめ♡どる(2012年、COMIC快楽天6月号)
  • Suck Me Back Again(2012年、COMIC快楽天10月号)
  • だぶるす(2013年、COMIC快楽天2月号)
  • 今日からシモベ!(2013年、COMIC快楽天7月号)

アニメ[編集]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ テレビアニメ『翠星のガルガンティア』鳴子ハナハルさんよりコメントが到着! さらに、今後開催のイベント情報も解禁!!」『アニメイトTVニュース』 2013年1月24日

参考文献[編集]

  • 「今売れる漫画の描き方 : 金田一蓮十郎、オノナツメ、鳴子ハナハル、ヤマシタトモコ…他」『コミッカーズアートスタイル』第6巻、美術出版社、2008年6月26日。