鬼子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

鬼子(おにご)は、親に似ていない子供、異様な姿で生まれた子供、特にが生えた状態で生まれた子供のこと。

民間信仰[編集]

日本各地の俗信においては、歯の生えた鬼子は良くないもの、縁起の悪いものとして生まれた後に殺害したり、捨てて他の誰かに拾ってもらうなどの事例が見られる。群馬県山田郡ではかつて、歯が生えて生まれた子供は捨て、近所の人に拾ってもらっていた。同県の別の地方では、生まれてすぐに歯の生えた子供は三つ辻に捨て、人に頼んで拾ってもらっていた。また長崎県久賀島でも、33歳のときに娘を産むと親に逆らう鬼子になるといい、別の親に拾わせる風習があった[1]

古典[編集]

『奇異雑談集』より「獅子谷にて鬼子を産みし事」

古典においては異様な姿で生まれた子供が怪談として、怪異をなす怪物のように語られることが多い。

貞享時代の怪談本『奇異雑談集』には、京都東山の獅子谷という村で、ある女が異物を3度分娩した末に4度目に鬼子を産んだ話がある。この子供は生誕時にしてすでに3歳児ほどの大きさで、朱のように真っ赤な色で、両目に加えて額に目があり、耳まで裂けた口の上下に歯が2本ずつ生えていたという。この鬼子は、父に殺されそうになりながら噛みついて抵抗したものの、ついに殺害されて崖下に埋められるが、翌日になって生き返り、話を聞いていた周囲の人たちに殴りつけられ、ようやく息絶えたという[2]

明治中期の怪異小説『夜窓鬼談』では、ある酒屋夫婦が客の金を盗んだことでその客が自殺してしまうが、後に酒屋に生まれた子供は3か月で歯がすべて生えそろった上、顔が死んだ客そっくりの鬼子となり、怨みつらみを述べたために夫婦により殺害され、後に酒屋の妻は病気で死に、夫も家運に見放されて店を失ったという話がある[3]。同様に親の因果により鬼子が産まれるという話は、寛文時代の『因果物語』などにも見ることができる[4]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 民俗学研究所編著 『綜合日本民俗語彙』第1巻、柳田國男監修、平凡社1955年、271頁。
  2. ^ 編著者不詳 「奇異雑談集」『仮名草子集成』第21巻、朝倉治彦・深沢秋男編、東京堂出版1998年、138-140頁。ISBN 978-4-490-30519-7
  3. ^ 石川鴻斎 『夜窓鬼談』 小倉斉高柴慎治訳註、春風社、2003年、85-90頁。ISBN 978-4-921146-92-4
  4. ^ 義雲雲歩 「片仮名本 因果物語」『江戸怪談集』中、高田衛編・校中、岩波書店岩波文庫〉、1989年、137-138頁。ISBN 978-4-00-302572-7

関連項目[編集]