音度

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

音度(おんど)(英:degree)とは、西洋音楽において、全音階上の各音に、主音との音程に従って、番号を振ったもののことである。

  1. 主音をi度音と呼ぶ。この音は長調ではド、短調ではラである。
  2. 主音の2度上の音をii度音と呼ぶ。長調ではレ、短調ではシである。
  3. 主音の3度上の音をiii度音と呼ぶ。長調ではミ、短調ではドである。
  4. 主音の4度上の音をiv度音と呼ぶ。長調ではファ、短調ではレである。
  5. 主音の5度上の音をv度音と呼ぶ。長調ではソ、短調ではミである。
  6. 主音の6度上の音をvi度音と呼ぶ。長調ではラ、短調ではファである。
  7. 主音の7度上の音をvii度音と呼ぶ。長調ではシ、短調ではソである。

これらの数字は、和音を呼ぶのによく使われる。すなわち、i度音を根音とする和音をI度の和音と呼び、v度音を根音とする和音をV度の和音と呼ぶ等である。なお、これらのローマ数字による和音の表記を和音記号と呼ぶ。

ポピュラー音楽理論においては、主音との半音関係をも織り込んで呼ぶことがある。すなわち、主音の長3度上の音であるならばmajor 3rd(英語の長3度に当たる)と呼び、短3度上の音であるならばminor 3rd(英語の短3度に当たる)と呼ぶなどである。

関連項目[編集]