導音

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

導音(どうおん)(: Leading-tone: Leitton)は、全音階主音から短2度(半音)下の音、すなわち第ⅶ度音を指す[1]。 短調では和声的短音階、旋律的短音階の第7音である。ハ長調ではシ、イ短調ではソ♯の音である。

これに対し、自然短的音階やその他の旋法における主音から長2度下の音を英語では「サブトニック」(Subtonic)と呼び、日本語では「下主音」と呼ばれることもある[1]

脚注[編集]