露土戦争

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

露土戦争(ろとせんそう)は、ロシア帝国もしくはその前身国家とオスマン帝国の戦争である。

  1. 露土戦争 (1568年-1570年)
    ロシアの勝利。コンスタンティノープル条約 (1570年)で講和。オスマン帝国側資料では「アストラハン遠征」(トルコ語: Astrahan Seferi)と呼ばれる。
  2. 露土戦争 (1676年-1681年)
    オスマン帝国の勝利。バフチサライ条約 (1681年)で講和。
  3. 露土戦争 (1686年 - 1700年)
    ロシアの勝利。実質的には大トルコ戦争アゾフ戦線。コンスタンティノープル条約 (1700年)で講和。
  4. 露土戦争 (1710年-1711年)
    オスマン帝国の勝利。プルト条約で講和。通常、プルート川の戦いと呼ばれ、大北方戦争の戦闘の一つ。
  5. 露土戦争 (1735年-1739年)英語版
    引き分け。オーストリアもロシア側に立ち参戦。通常、オーストリア・ロシア・トルコ戦争英語版と呼ばれる。ニシュ条約英語版ベオグラード条約英語版で講和。
  6. 露土戦争 (1768年-1774年)
    ロシアの勝利。キュチュク・カイナルジ条約で講和。
  7. 露土戦争 (1787年-1791年)
    ヤシ条約(ヤッシー条約)で講和。
  8. 露土戦争 (1806年-1812年)
    ブカレスト条約英語版で講和。
  9. 露土戦争 (1828年-1829年)
    ロシアの勝利。アドリアノープル条約(エディルネ条約)で講和。ギリシャ独立戦争から派生した。
  10. 露土戦争 (1853年-1856年
    通常、クリミア戦争と呼ばれる。オスマン帝国の勝利。パリ条約 (1856年)で講和。
  11. 露土戦争 (1877年-1878年)
    サン・ステファノ条約で講和後、ベルリン条約で変更。
  12. 露土戦争 (1914年-1918年)
    第一次世界大戦のカフカース戦線のこと。第一次世界大戦#カフカース戦線を参照。パリ講和会議ではヴェルサイユ条約が締結されただけでなく、多くの条約が結ばれたが、特にロシア内戦が勃発したことでロシア問題が生じ、イギリス本国の閣議では積極的な軍事干渉に反対していたにも関わらずウィンストン・チャーチルは「ロシア問題に関する連合国委員会」(Allied Council for Russian Affairs)の設立を提案したが、アメリカ合衆国の反対で設立されずに終わった。この間に積極的にシベリア出兵を行なってチャーチルの軍事干渉に同調した日本は、アメリカやイギリスの支持を失うことになった。

解説[編集]

オスマン帝国とロシアの間の戦争はしばしば起こっているが、狭義の露土戦争1877年-1878年の戦争をいう[1]

その一方、日本では1768年-1774年の戦争を第一次ロシア・トルコ(露土)戦争、1787年-1791年の戦争を第二次ロシア・トルコ(露土)戦争、1828年-1829年の戦争を第三次ロシア・トルコ(露土)戦争、 1828年-1829年の戦争を第四次ロシア・トルコ(露土)戦争と称することも一般化している[2]

ただし、中国では1686年-1700年の戦争を「第二次俄土战争」と呼称したり、1787年-1791年の戦争(日本では第二次露土戦争)を「第六次俄土战争」と呼ぶなどしており、露土戦争における「第何次」の呼称も国際的に統一されているわけではない。

脚注[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]

  • 「露土戦争」『世界史を読む事典』 朝日新聞社(編)、朝日新聞社〈地域からの世界史20〉、1994年1月。ISBN 4-02-258515-3
  • 「ロシア・トルコ戦争(露土戦争)」『別冊歴史読本71 世界「戦史」総覧』 新人物往来社(編)、新人物往来社〈事典シリーズ36〉、1998年6月。