アドリアノープル条約

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アドリアノープル条約(Treaty of Adrianople)は、1828年から1829年にかけてのロシア・トルコ戦争(露土戦争)における講和条約。1829年に締結された。

概要[編集]

1821年に勃発したギリシア独立戦争に対して、ロシア帝国はこれを支持する態度をとった。穀物輸出を重要な国家財源とするロシアにとって、黒海エーゲ海における影響力を強化することは、その販路を確保することにつながるため、この独立戦争に乗じてオスマン帝国に対する圧力を強化しようという狙いがあった。1828年に単独でオスマン帝国と開戦したロシアは、翌1829年にアドリアノープル条約を受け入れさせた。その内容は以下のようなものであった。

この条約で前進したロシアの南下政策は、1833年ウンキャル・スケレッシ条約(Treaty of Hünkâr İskelesi)で、さらに推進されることになる。

関連項目[編集]