阪神電気鉄道尼崎工場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
阪神尼崎車庫・工場正面玄関
旧阪神尼崎発電所

阪神電気鉄道尼崎工場兵庫県尼崎市にある阪神電気鉄道の車両工場である。阪神電車の全般検査や改造工事を行っている。尼崎車庫が併設されている。

概要[編集]

  • 尼崎駅東側にあり、本線神戸行き大物駅→尼崎駅間の高架上から全体を眺めることが出来る。車庫から尼崎駅を通らず阪神なんば線へ直接出庫できるようになっている。
  • 工場は車庫内東側にあり、自社車両部及び阪神車両メンテナンスが担当している。
  • 車庫西側には明治34年1904年)竣工の煉瓦造りの尼崎火力発電所がある。阪神電気鉄道が開業した当時、この尼崎発電所と御影発電所で発電された電気を電車の走行に使用していたほか、沿線で一般にも配電していた。現在は資材倉庫として利用されている。
  • 尼崎車庫は、朝夕の時間帯には近鉄の2連車が増結待機のために入庫している。
  • 開業当初は、阪神電鉄の本社を併設していた(後に梅田へ移転)。

関連項目[編集]


座標: 北緯34度42分58.5秒 東経135度25分21.2秒 / 北緯34.716250度 東経135.422556度 / 34.716250; 135.422556