長谷川チヨノ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
はせがわ ちよの
長谷川 チヨノ
生誕 1896年11月20日
死没 2011年12月2日(満115歳没)
住居 日本の旗 日本 佐賀県三養基郡基山町
国籍 日本の旗 日本
著名な実績
テンプレートを表示

長谷川 チヨノ(はせがわ チヨノ、1896年11月20日[1] - 2011年12月2日[2])は、かつて長寿日本一であった女性。生まれたのは明治29年11月20日だが、このころにはかの有名な小説家、樋口一葉もまだ存命中であった。

人物[編集]

佐賀県三養基郡基山町に在住し、2007年の時点で佐賀県内最高齢となった。当時は介護老人保健施設にて暮らしており、好き嫌いなく何でも食べたという[3]

2010年5月2日に国内最高齢の知念カマが114歳357日で死去し、113歳163日の長谷川が最高齢となった。

2011年11月20日に115歳の誕生日を迎える。日本人が115歳を迎えたのは1995年に死去した名古屋市猪飼たね以来約18年ぶりのことである(猪飼が115歳の迎えたのは1994年1月18日)。

2011年12月2日午前8時28分、佐賀県基山町の老人ホームにて、老衰の為に死去[4]。115歳没。

尚、長谷川チヨノの逝去に伴い、男性世界最長寿者の木村次郎右衛門が日本最長寿者となり、大久保琴が女性の日本最長寿者となった[5]

脚注[編集]

記録
先代:
知念カマ
日本の旗 存命人物のうち日本最高齢
2010年5月2日 - 2011年12月2日
次代:
木村次郎右衛門
先代:
知念カマ
日本の旗 存命女性のうち日本最高齢
2010年5月2日 - 2011年12月2日
次代:
大久保琴